読書

感想文

芥川龍之介「藪の中」あらすじ・読書感想文|真相や作者が伝えたかったこととは?

芥川龍之介の短編小説「藪の中」は、ある同じ事件について複数の人が証言をしているという物語です。 その証言がそれぞれ矛盾しており、事件の真相が何なのかわからなくさせている。まさに、タイトル通り真相が藪の中へと消えていってしまう、そんな構...
感想文

芥川龍之介「鼻」あらすじ・読書感想文

芥川龍之介の短編小説「鼻」は、とても読みやすくて短い物語です。あらすじを簡単に一言でまとめると、 ”あごの下までぶらさがる大きな鼻の僧侶が、必死に短くしようとするお話” です。 そんなユーモア溢れるわかりや...
感想文

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」あらすじ・読書感想文|本当の幸いとは?解説も

宮沢賢治の童話作品『銀河鉄道の夜』は、孤独な少年ジョバンニがカムパネルラと一緒に銀河鉄道に乗って旅をする不思議な物語です。 生と死、幸せについて深く考えさせられる内容で、人によってはいろいろな解釈がされているやや難しめの作品に...
感想文

「びりっかすの神さま」あらすじ・読書感想文

童話作家 岡田淳さんの「びりっかすの神さま」は、学校を舞台にしたわかりやすい設定で読みやすいうえに、とても深いテーマが描かれているお話です。そして、登場する神さまのイラストがユニークなのもポイントです👀 この神さまの正...
感想文

「先生、しゅくだいわすれました」あらすじ・読書感想文

「先生、しゅくだいわすれました」は、宿題を忘れた”理由”がちゃんと言えたら、忘れてもOKになるというちょっと変わったお話です。 ふつうやらなきゃいけないはずの宿題がどうして忘れていいものになるのでしょう?ここがこの絵本のおもしろいとこ...
感想文

芥川龍之介「杜子春」あらすじ・読書感想文|教訓・作者が伝えたい事とは?

芥川龍之介の短編小説「杜子春」は、中国の伝記小説を童話化したもので、お金や愛情について考えさせられる物語です。やや教訓めいたところがあるものの、子ども向けの短い作品ということもあり、サラッと読めてしまいます👀だから、読書感想...
感想文

宮沢賢治「オツベルと像」あらすじ・読書感想文

宮沢賢治の「オツベルと像」は教科書にも広く採用されていている物語です。読んだことがあるという人も多いのではないでしょうか。 短い童話(対象年齢:小学校中学年~)で読みやすい作品ではありますが、その内容は仕事と時間について考えさ...
感想文

芥川龍之介「蜘蛛の糸」あらすじ・読書感想文|この小説の”教訓”とは?

芥川龍之介の短編「蜘蛛の糸」、有名な物語で教科書などにもよく掲載されていますよね。芥川にはいくつかの児童向け短編小説がありますが、実は「蜘蛛の糸」は初めての児童向け作品です。 お釈迦様と地獄のカンダタという2つの視点で進んでいくこの物...
感想文

宮沢賢治「よだかの星」あらすじ・読書感想文

「よだかの星」は、小学校の教科書にも採用されていたこともあり、宮沢賢治の短編の中でも有名な作品のひとつです。 主人公のよだかは容姿がみにくくて、周りからひどい仕打ちを受けているのですが、この描写が今でい言う”いじめ”などを連想...
感想文

「トロッコ」あらすじ・読書感想文|最後の場面が作者の一番伝えたいこと?

芥川龍之介の短編「トロッコ」は、中学校の教科書にも載っていたりして、感想文の題材にも適した小説です。 8歳の少年がいつも過ごす子どもの世界から、大人の世界へと一歩踏み出したときの様子が描かれた物語です。大人の世界は子ど...
タイトルとURLをコピーしました