芥川龍之介の読書感想文おすすめ作品まとめ|対象年齢(小学生・中学生)別まとめ

芥川龍之介の短編小説の中から、比較的読みやすい内容のものを中心に選んでいます。教科書にも掲載されている作品などもあるので、ご存知の方も多いことと思います。

そんな彼の作品を、対象年齢順にご紹介していきます☆

「面白そう」「読んでみよう」と思える作品が見つかれば、幸いです。それぞれのあらすじ・読書感想文の例もありますので、気になったらぜひ詳細をチェックしてみてください👀

スポンサーリンク

小学生におすすめの作品

「蜘蛛の糸」

小学校中学年~

極楽にいるお釈迦様と、地獄にいる大泥棒のお話です。極楽から垂れてきた蜘蛛の糸を見つけた泥棒は、地獄から抜け出そうと必死に登っていくのですが・・・

子ども向けではありますが、大人が読んでも考えさせられるテーマの本です。広げ方しだいでは、とても内容の濃い読書感想文を書くことができます。

「鼻」

小学校中学年~

本の表紙の絵のとおり、鼻がとても大きい僧が主人公のお話。この僧は、鼻が人よりも長くて大きいことをとても悩んでいて・・・

といったユーモアあふれる内容ですらすらと読める小説です。コンプレックスという普遍的なテーマが描かれており、感想文で自分の意見をまじえて書きやすいと思います。

ちなみに、この作品は夏目漱石が絶賛したことでも知られています。

「トロッコ」

小学校中学年~

八歳の良平が、小田原-熱海間に敷かれた鉄道工事用のトロッコに興味を持ち、冒険をする物語です。

子どもが持ってる好奇心、毎日のわくわく感、周りの大人への感じ方などなど、大人が読めば、子どもの頃の感覚がよみがえってくるような描写がたくさん。子どもが読めば、共感できるポイントがたくさんある小説です。

ラストの文章が何とも言えない余韻を残し、とても大人な感じで終わるのが読みどころかなと思います。

「杜子春」

小学校高学年~

このお話には原典があり、中国の伝記小説を童話化したものと言われています。主人公である杜子春の若者が、仙人と出会って成長していくという物語です。

仙人の様子や仙人に課せられた修行のシーンなど、ファンタジー的要素が多く、楽しく読めるのではないでしょうか。

とは言っても、幻想的で夢のような話というわけではなく、読後感はいたって現実的です。生きていく上で、本当に大切なものは何か?を考えさせてくれます。

中学生・高校生におすすめの作品

「羅生門」

中学生・高校生~

高校の国語の教科書にも掲載されていたりするこの作品は、極限状態に置かれた人間の心の動きが描写されており、”善と悪”について考えさせられる小説だと思います。

主人公である下人の考え方が変わる瞬間の文章には、はっとします。「人間の価値観がひっくり返る瞬間は、案外こういったものなんだろうな」と読んでいて感じました。

やや重いテーマではありますが、だからこそじっくり読書したい・内容の濃い感想文を書きたいという時は、ぴったりの作品です。

「藪の中」

中学生・高校生~

ある殺人事件の真相に、複数の関係者からの証言で迫るという、少し変わった形式の物語です。立場の異なる人物が証言していくため、それぞれの発言に矛盾が生じ、殺人事件の印象がころころと変わっていきます。

いったい誰が真実を語っているのか?それとも真実なんて存在するのか?

ミステリー小説的に楽しもうとする人もいれば、より深い次元で考えることもできる作品です。

”作者が本当に伝えたかったことは何なのだろう?”

そんな気持ちで読み進めてみると、楽しいと思います☆

スポンサーリンク

まとめ

芥川龍之介のおすすめ作品について見てきました。気になる作品はありましたでしょうか?

ここで挙げたものはどれも比較的人気なものばかりで、読みやすいものが多いです。それでいて、普遍的なテーマを持っているので、読書感想文の題材としてもぴったりです。

もし興味を持ったものがあれば、あらすじ・感想文など詳細をご覧になってみてくださいね。

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク
楽天学割

学生なら楽天市場の商品が送料無料&楽天ブックスでいつでもポイント10倍!

教科書・参考書さらに漫画もお得♪友達との旅行も最大4,000円OFF 特典満載の「楽天学割」が、あなたの学生生活を徹底サポート。 まずは、おためし無料体験実施中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。