感想文

「はれときどきぶた」あらすじ・読書感想文

『はれときどきぶた』は、小学三年生の主人公が日記に書いた内容が、現実に起こってしまう不思議なお話。 どんなに変てこな内容(えんぴつ揚げを美味しく食べたり、じゃがいもに毛が生えたり)でも日記に書きさえすれば、現実になって...
感想文

「かみさまにあいたい」あらすじ・読書感想文

「かみさまにあいたい」(イラスト:酒井 以、著者:当原 珠樹)は、それぞれ悩みを持つ2人の子どもが出会い、傷ついた心を癒し成長していく物語です。 2019年度の青少年読書感想文コンクール(小学生中学年用)の課題図書にも選ばれて...
感想文

「子ぶたのトリュフ」あらすじ・読書感想文

「子ぶたのトリュフ」は、農場の子ぶたたちと少女ジャスミンとのあたたかい物語です。2019年「第65回 青少年読書感想文全国コンクール」小学校中学年の部( 3,4年生)の課題図書にも選ばれている一冊です。 本記事では、「子ぶたの...
感想文

「山月記」あらすじ・読書感想文|虎になった理由を解説

この小説のストーリーを一文で要約すると、 ”秀才の男が詩作に執心するあまり、多くのものを失い人生を後悔し、ついには虎になってしまう” そんな壮絶な小説です。高校の教科書などにも掲載されていることがある有名な作品ですね。 ...
感想文

「女生徒」あらすじ・読書感想文

多感な14歳の女生徒の一日が告白体で綴られている「女生徒」は、ある読者(有明淑さん)が太宰治のもとに送った手紙がもとで生まれた小説です。 女性の心情、思春期特有の感覚が細やかに描かれていて、共感するシーンも多いのではないでしょ...
感想文

宮沢賢治「猫の事務所」あらすじ・読書感想文

『猫の事務所』は、猫たちが働く事務所に1匹だけみんなから嫌われているかま猫のお話です。 みんなからいじわるされている様子は、読んでいていて悲しくなったり、もしかしたら少しいやな気持になったりするかも? お話としてはわかり...
感想文

宮沢賢治「風の又三郎」あらすじ・読書感想文

”どっどど どどうど どどうど どどう” というフレーズが印象的な作品「風の又三郎」。学校を舞台にしたお話ということもあって、短くて読みやすい内容になっており、読書感想文の題材としても書きやすい一冊です。 本記事では、 ...
感想文

芥川龍之介の読書感想文おすすめ作品まとめ|対象年齢(小学生・中学生)別

芥川龍之介の短編小説の中から、比較的読みやすい内容のものを中心に選んでいます。教科書にも掲載されている作品などもあるので、ご存知の方も多いことと思います。 そんな彼の作品を、対象年齢順にご紹介していきます☆ 「面白そう」「読んで...
感想文

宮沢賢治の読書感想文おすすめ作品|対象年齢(小学生・中学生)別

教科書でもおなじみの宮沢賢治。多数の名作童話を残し、時代を超えて読みつがれる作家の一人です。 有名な作品が多くあり、「宮沢賢治に興味がでてきたので読んでみたいな」と思ったときに、どれから読もうか、ちょっと迷ってしまうという人も多いので...
豆知識・雑学

「ならでわ」「ならでは」はどちらが正しい?語源や意味・使い方を確認!

普段なにげなく使っている日本語でも、ふとした時に「これで合ってるんだっけ?」なんて気になったりすることありますよね。 例えば、「ならでわ」と「ならでは」は改めて考えるとちょっと迷ってしまいませんか。 ”わ”なのか...
タイトルとURLをコピーしました