感想文

「100万回生きたねこ」あらすじ・読書感想文

200万部を越えるベストセラー、『100万回生きたねこ』という本のタイトル通り、何度も生まれ変わっては生き続ける猫の物語。輪廻転生を繰り返す猫の成長を通して、愛や命について考えさせてくれる名作です。 2012年に映画化、2013年には...
感想文

「ふたりはともだち」あらすじ・読書感想文|書き方のポイントも

「ふたりはともだち」は、小学校の国語の教科書にも取り上げられていたお話しです。かえるくんとがまがえるくんの日常が5つのお話しにまとめられています。 ともだち思いのやさしいかえるくんと、ちょっとめんどくさがり屋で、几帳面ながまが...
行事・イベント・お祭り

「エルマーのぼうけん」劇あそびで使う台本や歌(CD)は?衣装や小道具についても

保育園・幼稚園の年長さん組の劇あそびの題材にも選ばれることが多い「エルマーのぼうけん」、日本では1963年に出版されて以来、ずっと読み継がれている名作絵本ですよね。 ストーリーもわかりやすくて、子どもたちが劇をするのにぴったり...
感想文

森鴎外「高瀬舟」あらすじ・読書感想文

森鴎外の短編小説「高瀬舟」は、罪人を島へと送る高瀬舟を舞台に、弟を殺した喜助と護送役の同心である羽田庄兵衛との会話で進んでいく物語です。 シンプルな構成で読みやすい作品ですが、”安楽死””財産と欲望”が主題とも言われており、こ...
感想文

「しっぱいにかんぱい!」あらすじ・読書感想文

「しっぱいにかんぱい!」は、読むととても優しい気持ちになる素敵なお話です。対象年齢は小学校低学年からの本で読みやすいのですが、内容はすごく深いんです。 読書感想文にもぴったりの一冊です☆ 本記事では、 あらすじ...
感想文

「エルマーと16ぴきのりゅう」あらすじ・読書感想文(ネタバレ)

「エルマーと16ぴきのりゅう」はエルマーシリーズの3冊目です。 いよいよ本作でエルマーとりゅうの物語が終わってしまうのですが、いったいどんな結末になるのでしょうか? 今回も、エルマーのアイデアと行動力が光ります☆そして最...
感想文

芥川龍之介「羅生門」あらすじ・読書感想文|人間の”善と悪”とは?

芥川龍之介の短編小説『羅生門』は、平安時代を舞台に”人間の悪”が描かれた物語です。追いつめられた主人公(下人)の善と悪の間で揺れ動く気持ち、あるきっかけで悪へと傾いていく様子が劇的に書かれており、とても印象に残る作品です。 読...
感想文

「世界から猫が消えたなら」あらすじ・読書感想文

川村元気さんの小説『世界から猫が消えたなら』は映画化もされた大ベストセラーです📖タイトルも”どういうこと?”ととても気になるし、表紙の猫にも思わず目がうばわれる本ですよね。 佐藤健さん、宮崎あおいさんらが出演し...
感想文

「エルマーとりゅう」あらすじ・読書感想文(ネタバレあり)

「エルマーとりゅう」は、「エルマーのぼうけん」の続きが描かれたエルマーシリーズの第2作になります。 「エルマーのぼうけん」でどうぶつ島から無事に竜を助けることができたエルマーでしたが、それからどんな展開になるのでしょうか? ...
感想文

「エルマーのぼうけん」あらすじ・読書感想文(ネタバレ)

児童書のなかでも広い世代に読み継がれている名作「エルマーのぼうけん」は、読書感想文の宿題にぴったりの一冊です。 エルマーがどうぶつ島でさまざまな動物たちに追われながらも、持ってきた道具でうまくのりこえて、りゅうの子どもを助ける...
タイトルとURLをコピーしました