ダリオン コールドウェルの戦績・経歴【動画】ベラトール王者の強さとは?

12月31日に行われる格闘技イベント「RIZIN.14」が注目を集めていますね。フロイド・メイウェザーVS那須川天心のエキシビジョンマッチが大きな話題となっています☆もちろん、楽しみなんですが、

負けないくらい気になっているのが、

堀口恭司選手の対戦相手であるダリオン・コールドウェル選手です。

View this post on Instagram

Susan Cingari & MustLoveMMA™さん(@susancingarimma)がシェアした投稿

堀口選手は2018年9月30日の「RIZIN.13」で那須川天心選手と胸熱くなる名勝負を見せてくれましたが、今回はどんな試合になるのでしょう?

ダリオン・コールドウェル選手の強さやプロフィールについてまとめています👀

スポンサーリンク

ダリオン・コールドウェルの戦績・経歴

ベラトール世界バンタム級王者のコールドウェル、まずはプロフィールから見ていきましょう。

  • 生年月日:1987年12月19日
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 出身:ニュージャージ州
  • 通称:ウルフ
  • 身長:178cm
  • 体重:61kg
  • リーチ:188cm
  • 階級:バンタム級
  • 所属:アライアンスMMA
  • プロ戦績:13勝1敗

まず、注目すべきは、プロ戦績です。

13勝1敗

と、これだけでも相当な強さだとわかります。そして、気になるのが勝ち方です。

○レアンドロ・イーゴ     1R 2:36 ギロチンチョーク  2018年3月2日

○ エドゥアルド・ダンタス  5分5R終了 判定3-0  2017年10月6日

○ ジョー・タイマングロ   5分3R終了 判定3-0 2016年12月3日

× ジョー・タイマングロ    3R 0:09 ギロチンチョーク 2016年7月22日

○ ジョー・ウォーレン    1R 3:23 リアネイキッドチョーク 2016年3月4日

○ ショーン・バンチ     1R 2:35 リアネイキッドチョーク 2015年9月25日

○ ハファエル・シウバ    5分3R終了 判定3-0  2015年5月15日

○ アンソニー・ディジー   5分3R終了 判定3-0 2014年10月24日

○ ジョー・ピニトール    1R 1:32 リアネイキッドチョーク2014年5月2日

○ ランス・サーマ      1R 0:50 ギロチンチョーク 2014年3月14日

○ ガーザン・チャウ     5分3R終了 判定3-0 2013年7月19日

○ クイント・ケンプ     1R 1:00 TKO(パンチ連打) 2012年12月14日

○ デビッド・アルマス    3分3R終了 判定3-0 2012年9月14日

過去の試合結果を見ていますと、

  • ギロチンチョーク
  • リアネイキッドチョーク

での絞め落としによる勝利が目立ちます。それぞれの技各2回決め技になっています。また、判定による勝ちは6回ですね。

気になるのは、一度だけジョー・タイマングロにギロチンチョークで敗れています。しかし、その半年後に再戦し勝利しています!どんどん進化しているのは間違いありません。

格闘技のバックボーンとして、レスリングがあります。

ラーウェイ高校時代にはレスリングで3度ニュージャージー州王者となっており、高校での通算成績は146勝4敗という記録を残しています。

ノースカロライナ州立大学ではNCAAディビジョン1で優勝、オールアメリカンに2度選出された実力者です。

この頃から強かったわけですが、レスリングは怪我が原因で断念して、総合格闘家へと転身することになったのです。

総合格闘技へとジャンルは移っても、勢いは衰えずむしろ進化し、勝利し続けています。軽量級の再注目ファイターと言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

コールドウェルの試合動画ハイライト

彼の強さを知るためには、やはり文章ではなく映像です👀一目見るだけで、その能力の高さが伝わってくるのではないでしょうか!

とくに、25秒、36秒あたりの技はぜひ見ておきたいところ☆

豪快なスープレックスが決まっています!!

また、チョークやパンチなど非常に勢いを感じますね。

View this post on Instagram

acapivaradeucriaさん(@acapivaradeucria)がシェアした投稿

Bellator MMA(ベラトール・エムエムエー)とRIZINの今後は?交流試合が実現した理由

ダリオン・コールドウェルが所属するアメリカの総合格闘技団体Bellator MMA(ベラトール・エムエムエー)ですが、

格闘技好きとしては団体を超えて、選手たちが戦うのは本当にわくわくして嬉しいものです(^◇^)

コールドウェル選手もこのような発言をされています。

「俺は自分が世界一のバンタム級選手だと信じている。ベラトールを代表して、それを日本で証明できる機会を与えられて非常に光栄だ。俺はベラトールで相手がいない。国外に出てRIZINのタイトルも獲得してやる。スコットのいるベラトールを主戦場にしてから、俺は世界最強への道を目指して歩んでいる。この試合はその過程だ。堀口よ、ウルフが来るぜ」

引用:https://efight.jp/news-20181129_313287

しかし、対する堀口選手の強さも相当なもの。激戦が予想されます!

さて、ここでちょっと気になったのが、なぜベラトール王者のライジン参戦が決まったのか、ということです。団体を超えた試合ってなかなか実現しにくかったりしますからね。気になったので調べてみたところ、、、

原信行RIZIN代表が、Bellator(ベラトール)と

「全面的なアライアンス(提携)を組んだ」

ことを発表されていました。

そして、具体的な計画も決まり出しているようです。

  • 2019年上半期にも堀口選手がベラトールに参戦
  • RIZINのファイターたちもベラトールに参戦
  • ベラトールのファイターたちがRIZINに参戦

など、両団体での交流が行われていくことが明らかになっています。

さらに、榊原代表は

「最終的には2つのブランドが戦い合う、ベラトール選抜とRIZIN選抜の5対5とか対抗戦のようなことが来年末に向けて出来れば」

といった発言もされています。どこまで計画通りに進むのかはわかりませんが、この方向性はステキですよね。

誰が強いのか、どちらの団体が強いのか、より深くより熱く試合を楽しめることになるのは間違いありません!

さて、数々の名勝負が行われている団体ベラトールですが、格闘技好きならベラトールの試合をもっと見たいと思っている方も多いのではないでしょうか。

日本では2018年9月から動画配信サービスDAZNで見ることが可能になっていますよ📺興味があればぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

ベラトール王者のダリオン・コールドウェル選手について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

戦績を見ただけでも一目瞭然な強さ!!

レスリングを背景に持ち、さまざまな勝ち方ができるすごい選手なのは間違いありません。いったい、これからどんな試合を私たちに見せてくれるのでしょうか?

どんどん進化していく強さ、まだまだはるかな高みへと昇りつめそうな予感がします。今後の試合からも目が離せません👀

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク
楽天学割



学生なら楽天市場の商品が、送料無料!
楽天ブックスでいつでもポイント10倍!
旅行も、勉強も、他にも、、、いろいろなお得がたくさんの学割♪こちらで無料お試しができます。
詳細はこちら⇒【学生限定】楽天学割

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。