結婚指輪つけ心地がしっくりくる人気ブランドは?素材や形状など選び方のポイント

結婚指輪の選び方であなたがいちばん重視するものは何ですか?デザイン、価格など幾つかポイントはありますが、長く使うという点でやはり大切になるのは、”つけ心地”ではないでしょうか。

毎日着けるものなので、自分の指にしっくりきて普段使いしやすいものがいいですよね。末永く愛用できるつけ心地に優れた指輪の選び方、おすすめブランドについてまとめています。マリッジリングを検討されているあなたの参考になれば幸いです(^_-)-☆

長く愛用するための結婚指輪の選び方

何十年も長持ちする結婚指輪の選び方について、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

  • 普段使いに適したデザイン
  • 着け心地はしっくりくる形状
  • あなたに適した素材はプラチナ・ゴールド?

ショップに行くと、綺麗な指輪がたくさん陳列されていてテンションがあがり、目移りしてしまいますが、そこは平常心に戻って、この3点について吟味する必要があります。では、それぞれについて詳しく掘り下げて見ていきましょう☆

デザインや装飾はシンプルで♪普段使いに適した指輪

結婚指輪はシンプルなものが定番ですが、さまざまなデザインのものが販売されています。主な種類として、

  • ストレート
  • ウェーブ
  • V字型

などがあります。たくさん宝石が散りばめられていたり、凝ったデザイン・形状をしている高級感溢れる指輪も人気ではありますが、”普段使いで長持ち・しっくりくる”という観点では、画像のようなリングはあまり適してはいません。


とくに、彫刻やダイヤなどギザギザした形状のものだと、ふとした表紙にぶつかったり、服にひっかかったり、壊れたりする可能性があるからです。ふと腕を上げた際に子どもに当たったりするなんてことも。これでは、赤ちゃんが生まれたら、当面はめられなくなってしまいます。たしかにお店で実際に見るととても綺麗で目移りしてしまいますが、もしも迷うくらいならば、ストレートにしておくのが安心です。

着け心地が自然なリングの形状

結婚指輪を長く着けるなら、着け心地が大切になってきます。特に、アクセサリーを普段着け慣れていない男性は、違和感を覚えやすいもの。指輪の内側部分がどのような作り・形状かによって、大きく感触が変わるので、この点をしっかり確認する必要があります。

結婚指輪に一番人気の形状は、「甲丸(こうまる)」仕上げと言われています。リングの表側が曲線を描いており丸みを帯びているものです。リングの裏側(指との接地面)は平面になっています。その形から、かまぼこ形とも呼ばれます。いわゆるシンプルで一般的なタイプですね。

甲丸のリングも良いのですが、あわせて購入前にぜひ着け心地を比較しておきたい形状があります。それは、「内甲丸(うちこうまる)」仕上げの指輪です。

「甲丸」は内側が平面でしたが、「内甲丸」は指輪の内側の肌に触れる面が丸みを帯びているという特徴があります詳しくはこちらの動画をご覧ください。

内側を丸く仕上げることで、指への摩擦を軽減し、指とリングの接地面がなめらかになり、とても自然な着け心地となります。

素材ごとのメリット・デメリット

婚約指輪・結婚指輪の素材で、人気が高いのはシルバーです。その次にファッション性の高いゴールドのリングも比較的支持されています。

それぞれの金属によって、変色のしやすさ・堅さの程度が異なるので、それぞれの違いを下記にまとめてみました。マリッジリングを選ぶ際は、この点をしっかりチェックしておきたいところです。

プラチナ  

  • 傷つきにくい。
  • 変色しにくい。
  • ゴールドよりは歪みやすい(パラジウム等の金属を混ぜて強度を上げている)

ゴールド

  • プラチナと比べて変色しやすい。
  • 強度があり変形しにくい。
  • 値段はプラチナと比較すると安い傾向がある。

プラチナとゴールド、それぞれメリット・デメリットがありますが、普段使いできて長持ちさせたいのなら、プラチナが良いのではと思います。傷がつきにくい、変色しにくい、という点は大きいですね。

ちなみに、ゴールドにはイエローゴールド、ピンクゴールドといった目立つ色の他にも、ホワイトゴールドがあります。銀やニッケルなどを混ぜて白銀色に仕上げられており、一見プラチナリングに見えます。価格もプラチナよりは比較的安いのですが、使っているうちにメッキが剥がれて、地の色が見えてしまうリスクも。ホワイトゴールドを購入するなら、この点を考慮する必要があります。

スポンサーリンク

おすすめブランド「トレセンテ(TRECENTI)

私がおすすめするのは、トレセンテの内甲丸仕上げのマリッジリングです。私も指輪を購入する際には、いくつものお店に行き実際に着け心地をチェックしましたが、最終的に行き着いたのが、内甲丸仕上げという形状でした。

指にフィットする感じがあり、これならこれからず~っと着けていけそうと自然に思えたんです。口コミ評判も多く、人気のあるブランドです。

内甲丸仕上げの他にも、双子ダイヤ(ひとつの原石からカットされたふたつのダイヤモンド)、充実のアフターサービスがあるのも支持されるポイントです。基本無料でしてもらえるリフレッシュ仕上げ、サイズ調整・歪み直しは、嬉しいですね。

また、バースデープレゼント、ご出産プレゼントなどもあり、末永くつながりを持てるお店です。

ぜひ内甲丸仕上げの指輪の着け心地をチェックしてみてはいかがでしょう。同じ内甲丸仕上げのリングでも、デザインによって微妙に感覚が変わるのも面白いところ。もし店頭に行かれる際には、ぜひとも特典や割引つきで行きましょう!格安価格で購入できる可能性大です♪

私の時は、ハナユメ経由でトレセンテに行ったのですが、10%割引で購入できました(^◇^)金額が大きいだけにかなり格安になりました。ハナユメ(元すぐ婚navi)は、ブライダルフェアに行くだけで高額商品券がもらえたり、無料で結婚式場の相談などもできるので、時間に余裕があれば行ってみてください。

詳細はこちら⇒Hanayume(ハナユメ)

まとめ

着け心地の良いしっくりくる結婚指輪の選び方について、見てきました。いかがでしたでしょうか。ここで、今回の内容を簡潔に要約しておきたいと思います。

  • デザインはシンプルで
  • 内側の形状は内甲丸仕上げがおすすめ
  • 内甲丸仕上げのブランド「トレセンテ」

ぜひ、実際に店頭でその着け心地を試してみてください♪私もいろいろお店を回っていて、内甲丸仕上げを知ったのですが、これを知らなかったらものすごく後悔するところでした。結婚式場探し、式の準備、顔合わせ、など何かと忙しくて大変な時期ですが、ぜひ最高の指輪と出逢えることを祈っています☆

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。