結婚式エンドロールのおすすめ厳選60曲!洋楽・邦楽(明るい系・感動系)BGM♪

結婚

flowers-260894_640

Sponsored Link

ウエディングソングと呼ばれる曲はたくさんありますが、「自分の結婚式のBGMにどれを使おうかな~」と考え出すと、なかなか決まらなかったりしませんか。

迎賓・入場・乾杯・余興・お色直し・歓談・花束贈呈・手紙や挨拶などとシーン別に何曲も選ぶ必要がでてきますし「どんな歌詞や曲調がこの場面に合うのだろう?」と、悩んでしまいますよね。

 

いろんなシーンがありますが、特に大切なのがエンドロール♪

終わりければすべて良し!なんて言葉がありますが、式のラストは肝心。エンドロールは、結婚式の印象を大きく影響しますので、大切に選びたいですよね。

 

今回は結婚式のエンドロールに合うおすすめの曲をご紹介します。人気曲から、あまり紹介されないけれど個人的におすすめなものまで♪

邦楽・洋楽を曲調(明るい系・感動系)ごとにサクッとわかります。ぜひご覧になってみてください(*^_^*)

Sponsored Link

エンドロール BGM選曲のポイント

音楽

エンドロールは、きてくれたゲストへの感謝のメッセージを映像で流す、人気の演出方法。
映像内容は凝ったものから、当日の様子をスライドショー形式で流してもらう方法なども
人気です。式当日の様子が流れると、とても臨場感ありますし素敵ですよね。
そんなエンドロールに合うBGM、私が思う選曲のポイントはこの3点です

・皆が知っている曲
・シンプルな曲
・歌詞にネガティブな単語がない

やっぱり皆が知っている曲を選ぶのがおすすめです。

極端な例ですが、ラップなど早い曲だとご両親や祖父母が「?」となってしまう可能性も。違和感があるのはやっぱり良くないです。

歌詞の内容は、シンプルでメッセージがわかりやすい曲が人気です。邦楽の場合はとくに歌詞にネガティブな縁起の悪い言葉が入っていないか注意をしましょう。

 

そして、何より大切なのが2人の大好きな曲であること。エンドロール以外もそうですが、結婚式に使った曲は記憶に強く残るものなので、2人で相談しながら楽しんで決めましょう。

 

では、次からはエンドロールをしっとり盛り上げるおすすめ曲を、「感動系」と「明るい系」とジャンル別にお届けしていきます。ぜひぴったりの曲を見つけてみてください♪

邦楽|感動的なおすすめエンドロール曲♪

baby-443390_640

ゲストの皆さんに感謝の気持ちを伝えるエンドロールには、やっぱり感動的な曲が似合います。うるうるきてしまうおすすめの邦楽・洋楽たちを厳選しました!

大ヒット曲はもちろんですが、知名度がちょっと低めの曲も、実際に結婚式で使われているご夫婦もたくさんおられるので、自分たちの式に合う思い入れの一曲を選んでみてはいかがでしょう♪

邦楽|明るいエンドロールおすすめ曲♪

baby-72695_640

感動系もいいけれど、最後まで明るい結婚式にしたい!という場合に、人気の曲たちです。

定番もあればそうでないものも幅広く集めています。もちろん、どれもラブソングです!

洋楽|感動系・明るい系エンドロールおすすめ曲

ここでは、洋楽のおすすめ曲を感動系・明るい系のタイプ別にご紹介しています♪

洋楽は歌詞の意味を考えると、ちょっと選ぶのに躊躇したりすることもあるかもしれません。

「曲調はすごくいい感じだけど、なんかマイナスな意味のフレーズ入ってたりしない?」なんて、心配になったり私はしたことがあります。曲によっては、そのあたりのこともふれていますので、参考になれば幸いです。

ディズニー|エンドロールおすすめ曲

誰もが知っている、ディズニーの曲でエンドロールにぴったりな曲を紹介しています。

”ディズニープリンセス・感動的な曲”、”しっとり・バラード曲”、”明るい華やかな曲”の3つのカテゴリーに分けています。あなたは、結婚式でどんな印象で終わりたいですか?

参考にしてみてくださいね♪

Sponsored Link

まとめ

感動系・明るい系など、それぞれたくさんの曲を取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

お気づきになったかもしれませんが、60曲と言いつつそれ以上になっています(素敵な曲が多く絞りきれませんでした)

今の曲だけでなく昔の曲もあるので、「そうそう、こんな曲もあったよね」という一曲が見つかれば幸いです。選択肢が多いほど、理想の曲選びができますしね。

歌詞的には、「感謝」または「2人の未来」をテーマにしたシンプルなものがほとんどですね。ぜひ、ぴったりの曲を見つけて思い出に残る結婚式を♪

bsPAK99_tewotunaidadanjyo20140301

コメント

タイトルとURLをコピーしました