ナメック語集と逆さの秘密とは?デンデやポポの気になる呪文を忘れない

鳥山明先生の漫画『ドラゴンボール』で、地味だけど多くの人の脳裏に残る不思議な言葉につ
いて調べてみました。それはもちろん、「ナメック語」です!!


スポンサーリンク

ピッコロや神様を始めとするナメック星人が使う不思議な言葉ですが、まず文字そのものが全く読めません。日本人には馴染みのないような文字(アラビア文字風?)な絵が、単行本などではちょこちょこ登場します。

ナメック語好きには、こちらのシーンなんかたまらないですよね♪

発音の仕方もよくわからないナメック語ですが、登場人物がナメック語を台詞で話したシーンがあります。おそらく一番有名なのが、ナメック星の神龍ポルンガを呼びだす呪文、

「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ」

デンデが叫んでいた呪文ですね。他にもナメック星の長老や、ミスターポポなども話しているシーンがありますが、これは何て発音してるかは、はっきりとわかりません。

「ピッコロ」はナメック語で「違う世界」とか、意味を教えてくれる場面はありますが。ちなみに、この知識はミスターポポが話してました。ナメック星人でもないのに、すごいぞミスターポポ!

というか、

ミスターポポは何人なんだ!?

これはこれでかなり気になります。

ナメック語は逆から読むと・・・秘められた意味とは?

さて、ドラゴンボール改でデンデ役の声優だった平野綾がテレビ出演時に、ナメック語は逆から読むと鳥山明先生が執筆中にしたかったことらしい、と話していました。

例として、

「イタシコンチパ」⇒「パチンコしたい」

ということらしいです。ただ、初期に放送されていたアニメ ドラゴンボールZや漫画本には、こういったケースはなかったように思いますね。おそらく、ドラゴンボール改など後期のアニメではそういったケースがあったのかなと思われます。

ただ、これについて元ブランキージェットシティ浅井健一氏が

アニメだけなら鳥山明関係ないのでわん?

と鋭い指摘をされています。というか、浅井さんもナメック語関心あるんだ!

という驚きのほうが大きかったですが。恐るべしナメック語の魅力。

スポンサーリンク

特に覚えておきたいナメック語!

ここで、覚えておきたい厳選したナメック語を2つご紹介します☆

ポコペンポコペンダーレガツツイタ、ポコペンポコペンダーレガツツイタ

ピッコロ大魔王が口から卵を生み出すときに唱えたナメック語です。この呪文を言いながら、口から卵を吐きだし、部下のシンバルを生み出します。卵にはよだれがたっくさんついていて、なかなか衝撃的なシーンでした。

タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ

こちらは、スマートフォンアプリ「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」のKinKi Kidsキンキ キッズ)出演のCMで有名ですよね。

スーパーサイヤ人3になった堂本光一さんが言ってます。

素敵なCMですよね~。ナメック語がフューチャーされたのが、本当に嬉しいですね(*^_^*)

そういえば思い出したんですが!!

覚えている人は少ないかもしれませんが・・・かなり昔に南海キャンディーズが漫才のボケでナメック語を使用していました👀

それがこの「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ」だったんです。ナイスセンスですね!たしか、M-1決勝に残った年くらいに、「オールザッツ漫才」という関西の番組で披露していたネタです。

ドラゴンボールに登場する主なナメック星人は、ピッコロ・デンデ・最長老・ネイル・カルゴなどそんなに数はいないですが、これからもナメック語が話されるシーンがでてきたら、嬉しいなぁと思います。
おそらく、それだけで話題になるはず!ナメック語にはそれくらいの力が秘められているのではと私は強く感じます。

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。