宮沢賢治

感想文

宮沢賢治「猫の事務所」あらすじ・読書感想文

『猫の事務所』は、猫たちが働く事務所に1匹だけみんなから嫌われているかま猫のお話です。 みんなからいじわるされている様子は、読んでいていて悲しくなったり、もしかしたら少しいやな気持になったりするかも? お話としてはわかり...
感想文

宮沢賢治「風の又三郎」あらすじ・読書感想文

”どっどど どどうど どどうど どどう” というフレーズが印象的な作品「風の又三郎」。学校を舞台にしたお話ということもあって、短くて読みやすい内容になっており、読書感想文の題材としても書きやすい一冊です。 本記事では、 ...
感想文

宮沢賢治の読書感想文おすすめ作品|対象年齢(小学生・中学生)別

教科書でもおなじみの宮沢賢治。多数の名作童話を残し、時代を超えて読みつがれる作家の一人です。 有名な作品が多くあり、「宮沢賢治に興味がでてきたので読んでみたいな」と思ったときに、どれから読もうか、ちょっと迷ってしまうという人も多いので...
感想文

宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」あらすじ・読書感想文

宮沢賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」について、ご紹介しています。 この童話の内容を一言でまとめるなら、 ”セロの演奏が上手くない主人公が夜中の動物たちとの練習で、知らないうちにどんどん上達して、みんなから認められる” そん...
感想文

宮沢賢治「やまなし」あらすじ・読書感想文|クラムボンの正体とは何?

「クラムボンはわらったよ。」という言葉がすごく印象的な宮沢賢治の『やまなし』、国語の教科書で読んだという人も多いのではないでしょうか。 本記事では、この作品の あらすじ 読書感想文 クラムボンの正体とは?...
感想文

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」あらすじ・読書感想文|本当の幸いとは?解説も

宮沢賢治の童話作品『銀河鉄道の夜』は、孤独な少年ジョバンニがカムパネルラと一緒に銀河鉄道に乗って旅をする不思議な物語です。 生と死、幸せについて深く考えさせられる内容で、人によってはいろいろな解釈がされているやや難しめの作品に...
感想文

宮沢賢治「オツベルと像」あらすじ・読書感想文

宮沢賢治の「オツベルと像」は教科書にも広く採用されていている物語です。読んだことがあるという人も多いのではないでしょうか。 短い童話(対象年齢:小学校中学年~)で読みやすい作品ではありますが、その内容は仕事と時間について考えさ...
感想文

宮沢賢治「よだかの星」あらすじ・読書感想文

「よだかの星」は、小学校の教科書にも採用されていたこともあり、宮沢賢治の短編の中でも有名な作品のひとつです。 主人公のよだかは容姿がみにくくて、周りからひどい仕打ちを受けているのですが、この描写が今でい言う”いじめ”などを連想...
タイトルとURLをコピーしました