宮部みゆき”杉村三郎シリーズ”最新作発売日はいつ?過去作品の順番も

宮部みゆきさんの小説 “杉村三郎シリーズ”は、本はもちろんのこと、ドラマ・映画化もされており大人気のシリーズです。

View this post on Instagram

花風さん(@kahu_beer)がシェアした投稿

はじめは出版社の編集者だった主人公の杉村三郎が、やがて私立探偵となり、さまざまな事件と遭遇するといった物語です。作中には、美空ひばりさん、江利チエミさんなどの昭和歌謡がモチーフとして出てくるのも印象的な作品です♪

さて、そんな人気の杉村三郎シリーズですが、

最新作はいつ出るんだろう??

と気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、このシリーズの最新刊の発売日をはじめ、過去作品の順番等もまとめています。ぜひご覧になってみてくださいね📖

スポンサーリンク

杉村三郎シリーズ 最新刊発売日は?

現在発売されている最新刊は、、、

View this post on Instagram

Hiroshi Oshitaさん(@oshitahiroshi)がシェアした投稿

「昨日がなければ明日もない」です。

こちらは、2018年11月30日にハードカバーが発売されたところです。まだ発売されたところなので、

最新刊の発売は、数年はないと考えて間違いないでしょう。

また、気になるのは「昨日がなければ明日もない」の文庫化がいつかということですが、過去作品の傾向から考えると、

早くても文庫化されるまで1~2年ほどはかかる

のではないかと予想します。

文庫で欲しいという方も多いと思いますが(私もどちらかというと文庫派です)、しばらくの間は、

  • ハードカバーを購入する(通販で最安値をチェックしてみる
  • 電子書籍でお得に手に入れる
  • お近くの図書館で借りる(人気作のため予約待ちになる可能性もありですが)

などの方法で楽しむのが良いのではないでしょうか 🙂

杉村三郎シリーズ続編が読める連載雑誌は?

宮部みゆみさんの杉村三郎シリーズの最新作をいちばん早く読むには、連載されている雑誌をチェックするのがおすすめです。

ハードカバーで発売されるよりもだいぶ前に、読むことができます☆

連載されている雑誌は、、、

オール讀物(文藝春秋)

View this post on Instagram

三吉亜紀子さん(@akiaki344)がシェアした投稿

です。

注意点は、不定期連載ということです。連載されているかどうかは、オール讀物のTwitterをチェックするのが確実です。👉@ooru_yomimono

宮部さんの連載が載っていれば、ぜひゲットしてみてください。書籍化される前に読むって、なかなか素敵なものです 🙂

👉電子書籍で「オール讀物」を読んでみる

👉楽天で「オール讀物」を見てみる

ちなみに、宮部さんは1987年にオール讀物推理小説新人賞を受賞し、小説家デビューされています。オール讀物は、宮部さんのデビューのきっかけにもなったつながりの深い雑誌なんですね。

ちなみに、記念すべきデビュー作はこちら!

「我らが隣人の犯罪」です。短編なのでサクサクと読めてしまいますよ。デビュー作にはその作家らしさが凝縮されてるなんて言いますが、まさにこの作品はそんな感じ。宮部さんらしさがぎゅっとつまっていると思います。

杉村三郎シリーズ 過去作品の順番

ここでは、杉村三郎シリーズの順番についてまとめています。出版形態は、単行本(ハードカバー)・ノベルス・文庫があり、それぞれの発売日も記載しています。

表紙のイラストが、全部ほわ~っと脱力感があっていいですよね。一般的に、探偵と言えばどこかぶっとんでいて変人みたいなイメージを持たれがちですが、本作ではどちらかと言うと、常識ある普通の人って感じです。

そんな雰囲気がよく出てる味わい深いイラストですね。

誰か Somebody

  • 単行本:2003年11月13日  実業之日本社
  • ノベルス:2005年8月20日 光文社
  • 文庫:2007年12月06日   文春文庫

名もなき毒

  • 単行本:2006年8月25日  幻冬舎
  • ノベルス:2009年5月21日 光文社
  • 文庫:2011年12月06日  文春文庫

ペテロの葬列

  • 単行本:2013年12月20日 集英社
  • 文庫:2016年04月08日 文春文庫(上・下巻)

希望荘

  • 単行本:2016年6月25日 小学館
  • 文庫:2018年11月9日 文春文庫

昨日がなければ明日もない

単行本:2018年11月30日

スポンサーリンク

まとめ

宮部みゆきさんの杉村三郎シリーズの最新刊発売日・順番について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

とても読みごたえある作品で、最新刊の発売日が待ち遠しい小説です。いちはやく読みたいという場合は、ぜひとも雑誌「オール讀物」をチェックしてみてください。不定期連載ではありますが、ここで書籍化される前にいちはやく読むことが可能です。

ちょっと、文芸誌を買うのももったいない・・・と感じる場合は、お近くの図書館にあるかどうか確認するのもおすすめです。私の近所の図書館にはあったので、お時間あればぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょう👀

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。