【台風24号】関西の停電・断水エリアと復旧はいつ?被害状況を確認

2018年は大雨・台風と自然災害の恐ろしさを痛感させられた年になりました。またもや、台風24号が日本列島を横断しています。

そして、沖縄・九州・関西・関東とすっぽりと日本を覆うように進んでいきます。ほんとうに最悪な進路です。

各地に停電などの被害が出ています。台風21号でも大きな被害をうけた関西地方なので、なんとか被害は最小限に通りすぎてほしいものです。

さて、本記事では関西地方の停電・断水状況や復旧情報などを中心にまとめています。

スポンサーリンク

台風24号による関西の停電状況

2018年9月30日 17:35 現在の関西電力の発表によりますと、次のエリアで停電が発生しています。

大阪府:約1,080軒

泉南市全域 1,080軒

京都府:約30軒

  • 綾部市30件
  • 亀岡市10件

奈良県:約740軒

  • 桜井市:約10軒
  • 五條市:約420軒
  • 吉野郡 天川村:約320軒

和歌山県:約9,180軒

  • 御坊市:約1,330軒
  • 田辺市:約1,560軒
  • 日高郡 美浜町:約280軒
  • 日高郡 日高町:約1,520軒
  • 日高郡 由良町:約10軒
  • 日高郡 印南町:約830軒
  • 日高郡 みなべ町:約180軒
  • 日高郡 日高川町:約110軒
  • 西牟婁郡 白浜町:約700軒
  • 西牟婁郡 すさみ町:約1,910軒
  • 東牟婁郡 那智勝浦町:約110軒

和歌山県を中心に、広範囲で停電しています。

21号の時は、大阪府・兵庫県なども多くのエリアで停電が発生し、復旧に時間がかかるということがありました。家で電化製品が使えないことはもちろん、信号などもつかず、道路も危険な状況となりました。

今回も停電になる可能性を考慮して、前回の経験を活かしていきたいところです。

停電状況の最新情報はこちらをご覧ください

👉関西電力

関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・三重)の断水状況は?

現在のところ、断水の情報はなさそうではありますが、台風21号のケースが考えられるので備えは必要かと思います。

例えば、こんなケースがありました。

断水は、水道設備の破損・停電が原因によるものに大別されますが、台風の場合は停電が原因で発生することのほうが多いです。

大阪市東淀川区のツイートにあるように、停電でポンプや消毒をする機器等が作動しなくなり、水の供給が止まってしまうというケースです。

停電は、断水につながりますので、注意しておきたいところです。

断水状況や復旧など最新情報については、お住まいの水道局をご確認ください。

スポンサーリンク

台風24号 関西の被害状況(動画・画像)

では被害状況について見ていきましょう。

こちらはすでに台風24号が通過した沖縄県の様子ですが、かなりの被害を受けており、勢力が大きいことがわかります。停電・断水の影響が長引いています。

大きな被害を受けてまだ完全に元通りになっていない関西空港は、早い段階で閉鎖しています。

今後、台風の被害情報が入ってきしだい、追記していきたいと思います。

淀川の水位・氾濫情報、リアルタイムカメラ等についてはこちらをご覧ください👀

まとめ

関西の停電・断水の被害状況について見てきました。めったにそんなことは起こらないというつ地域も多くありますが、2018年はそれが通用しない年になりました・・・。

被害がひどくならないことを祈っていますが、しかし、今後どうなるかはわかりません。

過去の例があるだけに油断せずに、情報収集をしつつ停電・断水になっても慌てないで済むようにしっかりと備えをしておきたいところです。

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。