お笑い芸人のローン事情|審査が通りにくいのは新喜劇座員と若手コンビ?

お笑い芸人はある程度売れないとギャラが安いというイメージがあります。実際、売れるまでバイトで生活費を稼いでいるという芸人さんのエピソードもよく聞きますよね。

でも、一方で若手芸人さんがローンを組んで家を買うという話もテレビなどでちらほら聞きます。人気商売という不安定な仕事柄、ローン審査はかなり厳しそうに思うのですが、いったいそこのところどうなっているのでしょう?

芸人さんのローン事情について、まとめています。

スポンサーリンク

雨上がりのAさんの話で暴露された”芸人のローン審査”

以前、放送されたテレビ番組「雨上がりのやまとナゼ?しこ」のスペシャル「雨上がりのAさんの話~事情通に聞きました!」を見ました。

この内容がかなり濃く、今までテレビではあまり語られなかったような話でした。

主な内容はこちら!

  • 千鳥ノブさんのローン実体験
  • プロが審査する若手芸人ローン限度額

千鳥ノブの悲しいローン審査とは?

ネットニュースにもなっていましたが、千鳥のノブさんが3年前に大阪市内で購入したマ
ンションのローンが組めなかった話をされてました。

もちろん、無事に月々11万円のローンが組めているのですが、ローン契約を結ぶまでに何と15行も銀行を回ったのだとか。

やはり、お笑い芸人の収入は不安定ですし、いくらサラリーマンの年収を超えていてもな
かなか厳しいようですね。

と、ここまでは何となく想像できる内容でしたが、ノブさんが銀行の担当者とやりとりし
たという内容が興味深かったです。

銀行の方から聞かれたことは、

・レギュラー番組は何本?
・番組は何年続いている?
・司会している?
・芸人辞めたら、何をする?

などなど。何とか安定性の要素があるかを聞きだそうとしていますね。ひな壇出演とかだった
ら、かなりまずいことになるのでは・・・

千鳥のレギュラー番組は今何本あるかよくわかりませんが、私が見たことあるのは『笑い
飯・千鳥の舌舌舌舌』。サンテレビで放送されていました。2013年に終了してしまい
ましたが、関西の若手も登場する良い番組でした。

それは、余談ですがローン審査が通ったのは、『ピカルの定理』に出演が決まったのも影響
があったみたいです。残念ながら終わりましたが、やはり全国ネットのゴールデンですもんね。

ちなみに、お笑いファンとして悲しかったのはノブさんが上方漫才大賞受賞してることをアピールしたものの、そもそも銀行担当者はその賞の存在を知らず、話にならなかったと。伝統ある賞なんですけどねぇ・・・、ローン審査の前では無力でした。

4つ目の質問は、辛いのでスルーします。

スポンサーリンク

プロが審査!かまいたち・天竺鼠などのローン限度額(※2015年時点)

興味深かったのが、他の芸人のローンをプロが審査し、限度額が発表されたこと!

気になる金額はこちら。

  • 吉本新喜劇の今別府直之 2200万円
  • かまいたち       2000万円
  • 天竺鼠             0円

2015年時点での金額なので、ご注意くださいね。その後、キングオブコント優勝し東京に進出したかまいたちは、きっと金額が上昇していることでしょう。

さて、驚きなのは天竺鼠の0円ですが、これは東京進出したばかりの不安定度全開の時期だからということが大きいようです。

意外にも?新喜劇でそこまでメインの役ではない今別府直之が、一番借りれる金額が多い
という結果に。

長く続く吉本新喜劇で、ギャグを持っている人は数十年先も出演し安定した収入が見込ま
れると判断されての、この結果ということです。

いわば芸人界の公務員みたいなところですね。たしかに、たつ爺こと井上竜夫さんも数十年前からお爺さん役ですし、20年30年仕事ができる担保と評価されたのでしょう。
テレビの露出度・知名度とは別の厳しい評価基準ですね。

とはいえ、ブレイクしたら大きな買い物も余裕!

というほど稼げたりもするわけで、夢と現実のふり幅が大きすぎる、悩ましい職業だ
と感じます。

ブレイクまでは、ギャラが安いのはぐっと我慢!という厳しい世界です。とくに安いと有名な吉本芸人さんのギャラについてはこちらでふれています。

まとめ

芸人のローン限度額について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

おおよそのイメージはできたのではないでしょうか。それにしても、天竺鼠さんの0円は時期というのもありますが、衝撃的でしたね。まあ、貸す側から考えたら、たしかにわからなくもないですが。

お笑いの世界でやっていきたいという方は、吉本新喜劇を目指すというのもひとつの方法かもしれませんね。

ただ、当然ながら若手はギャラは安いこと、公演期間が多くスケジュール拘束期間が長くなるため、バイトが入れにくいことは覚悟しなければなりません。

さらに、漫才やコントで売れようと頑張ったものの方向転換して、新喜劇座員になられる方も多くおられまし、競争が激しいのは簡単に想像できます。

いずれにせよ、お笑い芸人としてやっていくには相当の覚悟と自信がなければ、難しいのは間違いありません。

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。