高田郁さんサイン会2016年の日程発表!大阪などで開催『あきない世傳』刊行記念

高田郁さんの待ちに待った2016年の新刊『あきない世傳 金と銀 源流篇』のあらすじ等についてはこちらで書きましたが、今回はサイン会の情報についてです!

20160220_083728
顔だし一切NGの高田郁さん、どんな方なのか気になりますよね。直接会える数少ないチャンスがサイン会、この機会逃さずに参加したいところです。日程やサイン会開催場所についてまとめてみました。また、過去のサイン会の感想なども書いています。

高田郁さんサイン会 開催場所や日程は?

高田郁さんの新シリーズ『あきない世傳 金と銀 源流篇』刊行記念のサイン会
の今わかっている日時・場所についてです。

 日時:平成28年2月28日(日)
   14時~ 先着100名様

 場所:紀伊国屋書店梅田本店 2番カウンター奥特設会場

20160211_155910

こちらの売り場は、大阪にある紀伊国屋書店梅田本店のものです。高田郁さんのサイン会は今まで各地の書店で行われていますが、特に開催率が高いのがこちらのお店です。ここで、『あい 永遠に在り』『天の梯』刊行時サイン会が開催されました。(2回とも参加しました!)
もちろん、紀伊国屋書店梅田本店で購入しないとサイン会整理券がもらえないので、買うお店は注意が必要です。

※他の書店での開催がいつなのか、わかりしだい追記していきます。今わかっているのは下記の書店です。

日時:2016年3月5日(土)14時~

場所:三省堂書店池袋本店 書籍館4階 イベントスペース「Reading Together」

日時:2016年3月6日(日) 14時00分~(開場13時) トーク&サイン会

場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

東京堂書店ではトーク&サイン会なのですね!じっくりお話が聞けるレアなチャンス、どのようにして今作の『あきない世傳 金と銀 源流篇』が生まれたのか、など聞けるのでしょうか。気になりますね。参加する場合は、それぞれの店舗で購入する必要があります。遠方の方は予約などが可能か聞いてみるのも良いかもですね。

スポンサーリンク

サイン会の注意点(大阪 紀伊國屋書店での)

開始時刻は14:00~となっていますが、14時に着くとけっこう待つ必要があります。
過去の経験から言うと、軽く30分以上立って待つことになるはずなので、早めに行って
並んでおくのがよいかと思います。
また、先着100名様となっているので、あまりに到着が遅すぎるとサイン会に参加できなく
なる可能性もあります。ちなみに前回、開始時刻5分前程に着いたのですが、サイン会は
ばっちり参加できました。ただ、30,40分くらい待ったような気がします。

その他詳細な注意事項は整理券の裏面で⇓

20160211_170643

過去の高田郁さんサイン会 参加時の感想

私は今まで紀伊国屋書店梅田本店でのサイン会に2回参加しました。『あい』『天の梯』の
時ですね。どちらも場所は、今回と同じ2番カウンター奥特設会場だったのですが、要注意なのがこの会場の前で待たなければいけないということ。この待つ場所は、外なのです。紀伊國屋書店と特設会場は外(もちろん屋根はありますが、建物外なので少しだけ寒いです)
開始時刻の前には行列ができていました。開始時刻になると、高田郁さんが書店員さんとともに登場!紀伊国屋書店の店員さんがしてるエプロンをつけておられました。初めて見る人は書店の人?と思うかも。
その後、お客さんへ挨拶をされて、会場の中へと入っていき、サイン会開始となりました。わくわくしながら会場へ入っていく人、幸せそうな表情をして会場から出ていく人を見ながら、今か今かと待っていました。
そして、いざ会場に入るように言われたら、前に5人程が並んでいて、奥で高田郁さんが前のお客さんに話しかけられておられます。サインだけじゃなくしっかり1人1人とコミュニケーションされてました。そりゃ幸せそうな表情にもなろうってもんです。
いざ自分の番になると、ちょっと緊張してしまいまして、何話したかはっきり覚えてないのですが、しっかり会話したことは確かです。「今年の目標は?」「どんな1年でしたか?」そんな風に声をかけて頂いたような気がします。とても愛嬌のある方で、内側からエネルギーが溢れているような印象をうけました。元気をもらえるとても明るいサイン会でした。

さて、今回は2016年開始の新シリーズ『あきない世傳 金と銀 源流篇』刊行記念サイン会に
ついてでした。良い思い出になること間違いなしのサイン会、ぜひお近くの方は行ってみては
いかがでしょう。

☆読了しました!感想はこちら⇒『あきない世傳 金と銀 源流篇』

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。