レキシとは?めざましテレビで特集 2016年ブレイクしそうな日本史アーティスト

めざましテレビでレキシが特集されました!一度聞いたら忘れられない、日本の歴史を題材にした歌詞で着々と人気が上がっていきていますね。今回は、レキシのおじさんの魅力について、迫りたいと思います。

レキシとは?プロフィールや代表曲

レキシのプロフィール 経歴

レキシのおじさんと書きましたが、実はけっこういい年なんです。めざましテレビでも本人が言っていましたが、今年42歳(厄年)なのです。めざましの2016年ブレイクしそうなアーティストランキングで2位のレキシでしたが、「若手ばかりで、何で自分が選ばれたかわからない」とやや困惑されていましたね。
レキシは、デビューして約20年のベテラン。レキシ以外の活動は、池田貴史(いけだ たかふみ)という名前でされています。
1997年にSUPER BUTTER DOG(スーパーバタードッグ)のキーボード担当としてメジャーデビューし、解散後は中村一義のバンド100Sのメンバーとしても活動していました。100sの時は、マスコット担当なんて言われていました。デビュー以来、一貫してアフロを貫いており、たしかにマスコットキャラクター的ではあります。

そして、音楽活動以外にも俳優としても活動しています。2015年公開された是枝裕和監督の『海街diary』に出演しています。めざましテレビ特集で、是枝裕和監督が起用した理由について語っていました。「ステージを見てトークがおもしろい。直感的に演技ができると思った」と。お笑い芸人さんがドラマによく出演されていますが、普段からお客さんの前でライブをしており、臨機応変にその場で求められていることに対応できることが大きい、といった話を聞いたことがありますが、それと同じような理由でしょうか。

2007年 レキシ デビュー!

2007年6月にデビューアルバム『レキシ』をリリースしました。レキシ自体はだいぶ前からあり、ライブを披露したことはあったようですが、力を入れてと活動することになったのはこの時から。現在までアルバムを4枚発売、シングルを1枚発売しています。
ライブのトークが面白いと人気ですが、作品名を見ただけでそのセンスがわかります!

レキシのアルバム・シングル

レキシ(2007年6月6日)
レキツ(2011年3月16日)
レキミ(2012年12月5日)
レシキ(2014年6月4日)

SHIKIBU feat. 阿波の踊り子(2015年11月25日)

阿波の踊り子(チャットモンチー)を贅沢に使ったSHIKIBU、この曲も一度聞いたら忘れられないインパクトがありますよね。「シキシキブンブンシキブンブーン」と気づいたら脳内で再生していた、という人がきっと多いはず!

他にも、『きらきら武士』『狩りから稲作へ』『姫君Shake! feat. 齋藤摩羅衛門』『年貢 for you feat』などがあります。また、今年の大河ドラマ 真田丸にもかかわりのある『真田記念日』という曲もあります。この曲については、こちらの記事でもちょっと触れています。

歌手を軸に、今後ますますブレイクしそうなレキシ。目覚ましテレビでこれからは日本史の教材的なビジネスも・・・と冗談で言っていましたが、歴史を扱っているので思いもよらぬタイアップなどで広がっていきそうな気がします。去年はタモリクラブにも出てたし(マキタスポーツ、タモリと一緒に東京都足立区の区歌を作ってました)、バラエティ番組出演も期待ですし、ミュージックステーションなどの地上波の音楽番組で見れる日も近そうですね!今までも充分楽しませてもらってますが、これからの活動も楽しみなところです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。