M-1 2015 決勝進出 タイムマシーン3号 進化し続けるネタ 落語で勝負!?

12月6日に行われるM1グランプリ2015です
が、お笑いファンにとってはもうわくわく
が止まらない時期ですよね~
誰が優勝するのか、どのコンビが敗者復活
を勝ち上がってくるのか、誰かもわからな
い今からちょっと感動気味です。何せ、久
々の開催ですからね。

公式サイトでは順位予想3連単キャンペー
ンもやっているので、ちょっとどのコンビ
が優勝するか、M1準々決勝のネタを見た
感想を交えながら、書いていきたいと思い
ます!

今回は、タイムマシーン3号についてです!

結成   2000年
メンバー 山本 浩司(ヤマモトコウジ)
関 太 (セキフトシ

決勝進出コンビの中で芸歴はいちばん長く
2000年結成なんですね。2005年 M-1グラン
プリ決勝進出していることを覚えている方
もいるかもしれません。
あの時のネタは、関さんが太っていること
を活かしたネタで、特に覚えているボケは
行列のできてる飲食店を食べて出てから、
すぐに行列の最後尾に並ぶというもの。す
ごく笑った記憶があります。
あまりテレビには出ておられないですが、
ネタは何年かに一度見ていて、そのたびに
新たなネタで、ぐんぐん変わっている!と
いう印象があります。

そして、今回M1予選でやったネタは、さ
らに進化してます!!
関さんが落語のおそばを食べるシーンをや
ってみたいと言い、演じて、それを山本さ
んがツッコむという漫才です。
山本さんの
「落語なんて難しいよ~、できる?」
という一言があって、関さんが挑戦。箸を
割る、そば屋の親父とのやりとりなど完璧
なのに、うどんをすするところがまさかの
全然できていない。というものです。
こう言うと、普通のコント漫才みたいな感
じですが、いやはやわかりやすくて面白い
です!!

このネタは、有吉さんMCのテレビ番組「
初代お笑い大統領」でも披露されていたの
ですが、その時もウケてましたね。
ただ、ボケ数がやや少な目なのでM1などの
賞レースではどうなのだろう?とも思った
り。
今までの優勝者の傾向としては、明らかに
ボケ連発のスタイルが多かったと思います。

とはいえ、タイムマシーン3号そろそろブレ
イクしてほしいと願っています。
THEMANZAIで、M1準決勝の常連達
(磁石、流れ星、テンダラー、ハマカーン
など)が売れたこともあり、何とか軌道にの
ってほしいです。
今回の決勝進出決定した時のインタビューで
山本さんが
「過去M1決勝進出コンビで売れていないのは
我々と変ホ長調だけ」
なんていう悲しい発言をされていましたが、
ぜひともブレイクしてほしい!と願います。

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。