横山だいすけ”歌のお兄さん”の脳トレ音楽のやり方♪『世界一受けたい授業』で話題

NHK『おかあさんといっしょ』のうたのお兄さんとして、人気だったタレントの横山だいすけさん。国立音大を卒業、その豊富な音楽の知識と実績に裏打ちされた”脳トレ音楽”に注目です。

脳トレ自体は以前から本やテレビなどで目にしますが、脳トレ音楽というのは珍しいですよね。しかも、だいすけお兄さんの授業ですから、より気になるところ♪

子どもの知育にはもちろん、認知症予防にも効果が期待できるだいすけお兄さんの「大人も子供も楽しめる脳トレ音楽」に詳しく迫ります(^^)/

”歌のお兄さん”横山だいすけの「脳トレ音楽」のやり方

だいすけお兄さんの脳トレ音楽は全部で3種類あります。ひとつづつ、やり方や効果について見ていきましょう♪

『脳トレデュエット』

童謡は、通常なら1人で歌うものです。それを2人で交互にデュエットで歌うというものです。

1曲を2人で交互に歌うことによって、

”ここは自分が歌うところ”

”ここは相手が歌う(自分は歌わない)ところ”

と頭の中で切りかえる作業が必要となってきます。そのため、脳全体の司令塔と言われる前頭葉を刺激する効果が期待できます。前頭葉は、意欲や実効性・創造力など人間にとって大切な働きをするところ。ここを効果的に鍛えることができるようです。

例えば、こんな感じです。

「かたつむり」

A:でん

B:でん

A:むし

B:むしかたつむ

B:り

(続く)

「山の音楽家」

A:わたしゃ

B:おんがくか

A:やまのこりす

B:じょうずに

A:バイオリン

(続く)

他にも、「おもちゃのちゃちゃちゃ」も紹介されていました☆

『歌と体をセッションさせよう!』

体を動かしながら歌うことで、普段使わない脳を刺激することができます♪どうするかと言うと、歌詞に濁音・半濁音が出るたびに、ある決まった動きをするトレーニングです。ルールはこちら。

  • 濁音(ビなど)・・・手を頭にあてる
  • 半濁音(ポ) 手をお腹にあてる

曲に合わせて足ぶみをしながら、この2つをやっていきます。

課題曲は、「ふしぎなポケット」♪

ケットのなかには

スケットがひとつ

ケットをたたくと

スケットがふたつ

歌の冒頭の歌詞ですが、この場合だと、青字のところで手を頭に、赤字のところで手をお腹にあてる、といった具合です。

歌詞を細かく意識しつつ、身体を動かし歌うという、2つのことを同時にするのは普通に考えると難しいですよね。でも、とても楽しそうだったので、ぜひやってみたいですね(^◇^)

『想像させるように歌おう!』

聞き手の心に伝わるように歌うことも、脳トレにります。このトレーニングのポイントは3つ♪

  1. 歌詞をイメージする
  2. 抑揚をつける
  3. 表情を変える

番組で例として紹介されていたのは、「赤とんぼ」

番組では、実際にだいすけお兄さんが園児たちの前で、普通の歌い方とこの歌い方で歌っていましたが、その差は歴然!想像させる歌い方の時は、子ども達の集中度がちがいましたね。

だいすけお兄さんの「騒ぐ子どもを静かにさせる裏技」

脳トレ音楽だけでなく、こんな裏技も授業されています!

それは、「騒ぐ子供を静かに集中させる裏ワザ」です。歌のお兄さんの頃は、たくさんの子どもと接していただいすけお兄さん。そんな長年の経験で培ったとっておきの方法なんです。その内容はいたってシンプル!!

大声で喋っている途中で、突然黙る

あまりにシンプルですが、かなり効きそうですね。番組でも、幼稚園で保育士さんがこの方法を実践してる様子が放送されてましたが、効果抜群でした!!子どもは、新しい刺激にとくに敏感で、さわがしい中いきなり静かにすると、注目するようなんですね。

そういえば、学生の頃を振り返っても、これと同じような方法を先生が使っていることがありました。それは、朝礼の時でした。朝に校長先生などが全校生徒の前に立って、話をするというアレですね。

朝礼の開始時刻になったにも関わらず、いつまでも生徒たちの声がざわざわざわざわ、なかなか鳴りやまない…。先生が「静かにしなさい」と言っても、なかなか話し声がおさまらない…。

そんな時、先生が注意をやめて数十秒間黙ると、徐々に話し声がおさまり、静かになるということがありました。

そんな体験も踏まえて、やはりこの方法は効果がありそうです。

スポンサーリンク

タレント”だいすけお兄さん”の魅力!「かぞえてんぐ」や俳優としても活躍!

現在、タレントとしてバラエティ番組や俳優などで大活躍中のだいすけお兄さん。変顔やコスプレなどでお母さんにも人気を獲得していました。娘さんがいる井上和香さんも、大ファンみたいですね。

うたのお兄さんを卒業し、どんなお仕事をされているのか簡潔にまとめてみました。

かぞえてんぐ

だいすけお兄さんと言えば、コレという人も多いのではないでしょうか。「おかあさんといっしょ」に登場するだいすけお兄さん扮するキャラクター”かぞえてんぐ”です。

チョロミーが持ってきたものの数を数えるという設定で、毎回見るとついつい引き込まれる内容になっています。

とくに最終回の名言「「だって…涙の数を…数えるからさっ」に感動した方も多いのではないでしょうか。

Mステにも出演していました♪

俳優としても活躍!ドラマ『警視庁いきもの係』に出演

渡部篤郎さんと橋本環奈さんが出演する刑事ドラマ『警視庁いきもの係』で、横山だいすけさんが俳優デビューされています。

だいすけお兄さんが演じるのは、”警察官・四十万拓郎(しじま・たくろう/35歳)”という役柄。小さい頃から警察官に憧れてそのためにコツコツ努力をしてきたという、とっても良い感じの人物で、そのイメージにぴったりですね。

しかも、毎回レギュラー出演で、重要な役どころとなっており、要注目ですね👀

まとめ

だいすけお兄さんの脳トレ音楽について、見てきましたがいかがでしたでしょうか。

歌のお兄さんを卒業しても、タレント・俳優としてますます活躍の幅を広げている横山だいすけさん。今後もまだまだ目が離せませんね(^0_0^)

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。