iPhoneアプリ 目覚まし時計で起きれない!アラームが聞こえない人が起きる方法

朝が苦手でなかなかお布団から出られないと悩んでいる方は、学生から大人まで多いと思います。睡眠障害なんて言葉もよく聞くようになり、年々増加しています。スマホやパソコンなど
をはじめとする生活習慣の変化が影響しているのでしょうか・・・

N825_ohirunojikan_TP_V
自分にあった朝スッキリ目覚められる何かしらの対策をもっておく必要がある時代です。
いちばん手軽な対策としてよく使われるのが、目覚まし時計やスマートフォン・iPhoneのアラーム機能ですよね。
でも、これだと全然起きれない!という方にむけて、実体験をもとに役立つ情報をお届けしたいと思います。

アラームで起床はつらくて当然?

目覚まし時計やiPhone・スマホアプリを使って、音で起きる方法はいちばん定番な起き方ですが、朝が苦手な人にとっては本当に辛い一日の始まりをつげるいや~な音ですよね。
私も朝はそんなに強くなくて、頭がぼーっとする・二度寝・頭痛がする、などの症状と戦っておりました。

そこで、大きな音で起こされるということをよくよく考えてみると、ものすごく不自然なことじゃないかと思うのです。
だって、気持ちよく寝ているところを突如「ジリリリリ!」なんて音が鳴って睡眠を遮断するのです!

そりゃ、不快ですよね。

個人差はあるけれど、頭も痛くなるし、すっきり起きれないのは自然なことだと思います。でも、どういうきっかけかこの経験を繰り返すことで、「自分は朝が弱いんだ」と思い込み、徐々にそうなっていく…
私の場合は振り返ってみると、そんな気がするんですよね。暗示の効果はおそるべし、です。

スヌーズ機能が二度寝の原因?

さらに、目覚まし時計の音で起きるのが不自然だというのに、いつしかスヌーズ機能というものが当たり前の世の中になっています。
これもまた自然か不自然かというと、あきらかに不自然です。
いっかい、目覚ましのアラームで起きたのに、またスヌーズ機能で音なるから、と油断させてうとうとしだしたところを、また「ジリリリ!」って襲い掛かってくるわけですよ!

そりゃ、不快ですよね。

「ああ二度寝しそうなところを、スヌーズ機能で助かった」なんてこともあるかもしれませんが、やっぱり癖になると怖いです。また、アラームなるし・・・と気が緩むことで、二度寝癖がついてしまい、これが何度も続くと、睡眠障害の入り口へと誘われていってしまう可能性
も大いにあります。
スヌーズ機能を頼ってあとちょっとだけ、と思って大遅刻をした!なんてケースもあるあるですし、スヌーズ機能はなるべく使わないほうが睡眠リズムを整えるためにも、おすすめです。

ss76_bbtach14172534_TP_V

あと、いろいろな目覚ましアプリもでていますよね。おもしろそうだなと思ったのが、

無料版最強目覚まし時計~連打ver~」というものです。

音を止めるには、連打しないと止まらないというアプリです。面白い気はするけれどやはり、苦痛を伴うという点では従来の目覚ましと一緒のような気がします。眠いのを無理やり起こそうと促しているので。
やはり、重要なのは毎日一定時間に起きる習慣をつけることだと思います。そうすることで、目覚ましの音がなくても、パチリと起きれる体になるのです!次は、その具体的な方法についてです。

光を浴びて起きる方法がいちばん自然!

毎日決まった時間に起きれる体になるには、毎朝同じ時間に朝日を浴びることがおすすめです。想像してみてください。

日の出とともにだんだん明るくなる光、それを浴びながら徐々に覚醒し、
パチリと目覚める朝を。

ものすごく自然ですよね。
動物としてとても健全な感じがします。感覚的・本能的に正しいと思うことは、やっぱり理に適ってることが多いと思います。
てっとり早いのは、ちょっとカーテン開けて寝ると、太陽の光のすごさを感じられると思います。もちろん、はじめは心配だと思うので、目覚まし時計の音と合わせてでかまいません。個人差はあるかと思いますが、徐々に目覚めの良さを体感できるのではないかと思います。

KAZU886_hinodetomachi_TP_V
とはいえ、部屋が北向きで日が当たらないなんてケースもあるかと思います。また、夏と冬じゃ全然日の出の時間がちがうし困る、なんてこともありますよね。
そんな時は、光目覚まし時計を試してみるのがおすすめです。その名の通り、光で起こしてくれるのでスッキリ自然に目覚めれます。目覚ましとしてはそこそこ高額ではありますが、生活習慣を変えるためと捉えたら、まあ納得できる範囲かなと(それでも私の場合は、思い切りがいりましたが)

いくつかメーカーがありますが、私はテレビなどでもよく取り上げられていたムーンムーンの光目覚まし時計にしましたが、正解でした!

設定時刻の30分程前からだんだん明るくなるので、じわじわと起こしてくれるから、目覚めがびっくりするほど楽なんです。(冬の寒い朝は、寒さと戦う必要はありますが)
私の場合は部屋が北向きだったこともあり思い切って購入しましたが、もしも、日当たりが良い部屋に住んでるなら、まずはカーテンをちょっと開けて無料で光目覚ましをやってみてはいかがでしょうか。
数日続ける価値は、大いにあると思います!

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。