スピッツ(草野マサムネ)がカバーした曲まとめ♪CD化されてないレア音源も!

2017年で結成30年を迎えたスピッツ、数々の名曲をコンスタントに生み出し、進化し続けている4人のメンバー。相変わらず、本当に魅力的ですよね。

実際にライブに行ったり、ライブDVD等の映像作品を見れば強く感じますが、演奏力の高さはものすごいものがあります♪そんなスピッツがカバーした他アーティストの楽曲の完成度も、スピッツ色の素敵な曲ばかり!

今回は、スピッツが過去にカバーした曲を発売日順(新しい順)に見ていきたいと思います☆

ニューエスト・モデル「爆弾じかけ」

ソウルフラワーユニオンの前進バンドである、ニューエスト・モデルの「爆弾じかけ」をカバーしています。

ニューエスト・モデルについて私は詳しく知らなかったのですが、「杓子定規」「乳母車と棺桶」「海行かば 山行かば 踊るかばね」「雑種天国」「ソーシャル・サーヴィス」など、とても気になるタイトルの曲たちを発表されているのです👀

スピッツがカバーした「爆弾じかけ」が収録されているのは、こちらのアルバムです。

ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル トリビュート(2016年8月3日)

1. オモチャの兵隊 / the 原爆オナニーズ (ニューエスト・モデル)
2. ソーシャル・サーヴィス / BRAHMAN (ニューエスト・モデル)
3. ソウル・サバイバーの逆襲 / 大森靖子(ニューエスト・モデル)
4. 海行かば 山行かば 踊るかばね / MONGOL800(ソウル・フラワー・ユニオン)
5. そら~この空はあの空につながっている / フラワーカンパニーズ(ソウル・フラワー・ユニオン)
6. 満月の夕(ゆうべ) / 二階堂和美(ソウル・フラワー・ユニオン)
7. 潮の路 / 岸田繁(くるり)(ソウル・フラワー・ユニオン)
8. 風の市 / チャラン・ポ・ランタン(ソウル・フラワー・ユニオン)
9. エンプティ・ノーション / 怒髪天(ニューエスト・モデル)
10. 爆弾じかけ / スピッツ(ニューエスト・モデル)
11. 秋の夜長 / 曽我部恵一(ニューエスト・モデル)
12. 青天井のクラウン / 中田裕二(ソウル・フラワー・ユニオン)
13. 最前線ララバイ / 仲井戸麗市(ソウル・フラワー・ユニオン)
14. 寝顔を見せて / 七尾旅人

参加されているアーティストも多様で豪華な顔ぶれとなっているので、新たな音楽の出会いを求めているなら、きっとおすすめの一枚となるはずです♪

中島みゆき「わかれうた」

中島みゆきさんの名曲「わかれうた」もカバーされています。収録されているアルバムは、こちらです。

平井堅「Ken’s Bar II」(2009年5月27日)

  1. Open
  2. even if 〜instrumental〜
  3. New York State Of Mind
  4. 僕がどんなに君を好きか、君は知らない
  5. LOVE 〜Destiny〜
  6. DESPERADO
  7. MOON RIVER
  8. Intermission
  9. Because Of You
  10. LATELY
  11. わかれうた
  12. Heart Of Mine
  13. 白い恋人達
  14. Close
  15. Stardust

平井堅さんが様々な楽曲をカバーしたアルバムで豪華アーティストとコラボしています。スピッツとしてではないのですが、草野マサムネさんが「わかれうた」に参加されています。

原田真二「タイム・トラベル」

西島秀俊×キム・テヒ主演ドラマ『僕とスターの99日』の主題歌に起用されたことで、広くスピッツバージョンが知られるようになりました。ちなみに、原曲である原田真二さんの「タイム・トラベル」は1978年リリース、かなり昔の曲なんですね。

でも、歌詞が新鮮で今聞いても色あせない名曲ですね。ちなみに、草野さんは1999年に開催された松本隆作詞活動30周年トリビュートライブ「風待ミーティング」でも、この曲をカバーされていました。

初恋の嵐「初恋に捧ぐ」

初恋の嵐は1997年に結成されたバンドで、ボーカルの西山さんが急逝したため、活動休止状態となりました。しかし、現在は再始動し、ライブなどで豪華ボーカリストたちを迎えて、精力的に活動をされています!!

いろんなアーティストとのつながりから、愛されているバンドなんだと感じます。スピッツ好きなら、きっと気に入られるのではないでしょうか☆

スピッツのカバーはしっくりきすぎていて、スピッツの曲なんじゃないかと錯覚してしまうほど!?ぜひじっくり聞いて見てください♪

はっぴいえんど「12月の雨の日」

大瀧詠一、細野晴臣、松本隆、鈴木茂から成るはっぴいえんどの名曲をスピッツがカバー!スピッツらしさが感じられる自然な仕上がりになっています。この曲が収録されているアルバムはこちら。

HAPPY END PARADE~tribute to はっぴぃえんど~(2015年3月18日)

1.はいからはくち/小西康陽
2.空いろのくれよん/曽我部恵一
3.12月の雨の日/スピッツ
4.抱きしめたい/Jim O’rourke featuring オリジナル・ラヴ
5.あやか市の動物園/くるり
6.風来坊/デイジー
7.無風状態/BLACK EYE’S RIVER (浜崎貴司+高野寛+TOKIE)
8.いらいら/空気公団
9.暗闇坂むささび変化/つじあやの
10.氷雨月のスケッチ/Hiroko & Mother Ship Jam
11.春らんまん/永積タカシfrom SUPER BUTTER DOG
12.風をあつめて/MY LITTLE LOVER
13.花いちもんめ/青山陽一+鈴木茂
14.相合傘/山下久美子 & SOUL LOVERS meets 佐藤博
15.はいからはくち/Leyona
16.夏なんです/キリンジ
17.氷雨月のスケッチ/Sons Of (片寄明人 from Great3+John McEntire from TORTOISE)
18.しんしんしん/キセルmeets細野晴臣
19.さよならアメリカ さよならニッポン/WORLD STANDARD(鈴木惣一朗)meets KAMA AINA(青柳拓次)
20.春よ来い/航空電子

曽我部恵一、くるり、永積タカシ、キリンジ、キセルなどスピッツファンにも好きな人が多い歌手がたくさん参加されていると思います!おすすめの一枚です。

花*花「さよなら大好きな人」

花*花の名曲「さよなら大好きな人」のスピッツバージョンは、しっくりきすぎていて初めて聞いた時は驚きました!そして、今では何度も聞いてしまっています。草野さんの声がマッチしていて、す~っと自然に入ってくる感じが心地良いですよね。

太田裕美「木綿のハンカチーフ」

この曲は、草野さんの他にも多くの方がカバーしています。椎名林檎、原田知世、真心ブラザーズ、福山雅治、桑田佳祐、朝倉さやなどなど。(歌手ではありませんが、ケンドーコバヤシさんもR-1のネタで、強烈な下ネタを入れた替え歌を披露されていました)

草野さんバージョンは、男性であるにも関わらず女性らしさを感じさせる秀逸な一曲となっています♪収録アルバムはこちら。

the popular music ~筒美京平トリビュート~ Compilation(2009/3/25)

01. 山崎まさよし「さらば恋人(堺正章)」
02. 柴咲コウ「ブルー・ライト・ヨコハマ(いしだあゆみ)」
03. 德永英明「たそがれマイ・ラブ(大橋純子)」
04. つんく♂「セクシャルバイオレットNo.1(桑名正博)」
05. BONNIE PINK「人魚(NOKKO)」
06. ET-KING「お世話になりました(井上順之)」
07. 秋川雅史「飛んでイスタンブール Homme(庄野真代)」
08. 島谷ひとみ「エーゲ海のテーマ 魅せられて(ジュディ・オング)」
09. ゴスペラーズ「夏のクラクション(稲垣潤一)」
10. melody.「真夏の出来事(平山三紀)」
11. 草野マサムネ「木綿のハンカチーフ(太田裕美)」
12. クレイジーケンバンド「また逢う日まで(尾崎紀世彦)」

筒井京平さんが作曲した名曲を豪華12組のアーティストがカバーしています。女性の曲をカバーしているのは、草野さんの他にも徳永英明さんもされてますね👀

奥田民生「さすらい」


スピッツの作品!?というくらい自然な仕上がりになっています。演奏はアレンジされていますが、歌い方などはそのままで素敵なカバーです。

スピッツはじめ豪華アーティスト陣による素敵なトリビュート・アルバムとなっています♪

奥田民生・カバーズ (2007年10月24日)

[Disc1]
 1.マシマロ/木村カエラ
 2.ワインのばか/B-DASH
 3.カヌー/斉藤和義
 4.さすらい/スピッツ
 5.イージュー★ライダー/GOING UNDER GROUND
 6.恋のかけら/サンボマスター
 7.MOTHER/The ピーズ
 8.息子/チャットモンチー
 9.野ばら/GLAY
10.手紙/中考介
[Disc2]
1.トロフィー~ヘヘヘイ/ウルフルズ
2.健康/PUFFY
3.花になる/ザ・コレクターズ
4.月を超えろ/detroit7
5.ルート2/SPARKS GO GO
6.愛のために/ HALCALI
7.これは歌だ/THEATRE BROOK
8.サウンド・オブ・ミュージック/ DEPAPEPE
9.DRADNATS ehT/井上陽水

名曲ぞろいですが、「さすらい」以外でとくに好きなのが、「MOTHER」です。これは、PUFFYのシングルとしても発売されていましたので耳覚えがある方も多いのではないでしょうか。「泳げたいやきくん」がモチーフになっていて、味わい深いいい曲ですよね~

松任谷由実「14番目の月」

この曲もスピッツらしさが溢れたカバーとなっています。女性の恋心を歌った歌詞ですが、草野さんが歌うと本当に自然に入ってくるんですよね。そして、歌詞が切なくていいんです。

つぎの夜から 欠ける満月より

14番目の月が いちばん好き

など素敵な言い回しが散りばめられています。ついつい何度も聞いてしまう、味わい深い一曲です。収録アルバムはこちらです。

Queen’s Fellows:yuming 30th anniversary cover album (2002年12月11日)

  1. 守ってあげたい / 鬼束ちひろ
  2. 14番目の月 / スピッツ
  3. セシルの週末 / aiko
  4. 甘い予感 / 井上陽水
  5. CHINESE SOUP / 原田知世
  6. 曇り空 / キリンジ
  7. あの日にかえりたい / 小野リサ
  8. 春よ、来い / 槙原敬之
  9. Valentine’s RADIO / フェイ・ウォン
  10. COBALT HOUR / クレイジーケンバンド
  11. TYPHOON / ポート・オブ・ノーツ
  12. 時のないホテル / 田島貴男 (ORIGINAL LOVE)
  13. 翳りゆく部屋 / 椎名林檎
  14. 私のフランソワーズ / 大貫妙子

加藤登紀子&長谷川きよし「灰色の瞳」

1974年にリリースされた曲なんですが、今聞いても古い印象を感じさせません。椎名林檎・草野マサムネによるカバーは、一度聞いてみる価値ありです☆歌の世界にぐっと引き込まれるものがあります♪収録アルバムはこちら。

椎名林檎『唄い手冥利~其ノ壱~』 (2002/5/27)

  1. 灰色の瞳 (with 草野マサムネ)
  2. more
  3. 小さな木の実
  4. i wanna be loved by you
  5. 白い小鳩
  6. love is blind
  7. 木綿のハンカチーフ (with 松崎ナオ)
  8. yer blues
  9. 野薔薇(特別感謝トラック)

PUFFY「愛のしるし」

PUFFYのシングルとしてリリースされた曲で、テレビやラジオなどでも比較的耳にすることが多いですよね。

スピッツバージョンはこちら!

1999年のアルバム「花鳥風月」に収録されています。このアルバムは、これまで(1999年時点)でのシングルのカップリングで、かつアルバム未収録だった曲たちが収められている作品です。

辺見えみり「流れ星」

1996年に発売された辺見えみりさんのシングル「流れ星」、草野正宗さんの作詞作曲でした。後にスピッツがカバーしています。やはり、これはスピッツバージョンのほうが聞きごたえがあると思います☆こちらも、アルバム「花鳥風月」に収録されています。

Chappie(チャッピー)「水中メガネ」

1999年7月7日にリリースされたチャッピーの「水中メガネ」。作詞:松本隆/作曲:草野正宗と豪華な組み合わせで、当然ながら素晴らしい一曲となっています👓収録アルバムは、こちらです。

1. 手嶌葵/「風の谷のナウシカ」
2. 草野マサムネ(スピッツ)/「水中メガネ」
3. クラムボン/「星間飛行」
4. 斉藤和義/「白いパラソル」
5. やくしまるえつこ/「はいからはくち」
6. YUKI/「卒業」
7. ハナレグミ/「Tシャツに口紅」
8. 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)/「探偵物語」
9. 安藤裕子/「ないものねだりのI Want You」
10. 小山田壮平&イエロートレイン/「SWEET MEMORIES」
special track
11. 細野晴臣/「驟雨の街」

スポンサーリンク

CD化されていないスピッツの隠れ名カバー曲たち

実は、CD化されていないライブやラジオ番組などで、スピッツが披露した曲があります。そんなレアな曲たちをご紹介します☆

ゴールデンボンバー「女々しくて」


2016年の「ロックロックこんにちは! 20th Anniversary Special ~R² need U, I need U~」で披露されたカバーです。もちろん、会場は大盛り上がりでした!

スピッツバージョンを聞くことで、よりこの楽曲のメロディの良さなどに気づけたような気がしました。もちろん、本家も素晴らしいですが!

RADWIMPS「叫べ」


2015年に行われたイベントで、RADWIMPSとスピッツが対バンしました。その際に、披露されたのがこの「叫べ」です。スピッツの曲!?と感じる方も多いのではないでしょうか。それくらいナチュラルな仕上がりとなっています。

シャネルズ「ランナウェイ」

2001年ごろ、「ロックロックこんにちは!!」などのライブで演奏されていました。ちょっとスピッツぽくないかなと思いきや、これが意外とマッチしているんです。また、いつか聞ける機会があればいいなぁと思います。

華原朋美「I’m proud」


何と、華原朋美の代表曲をスピッツがカバーしていたのです!!1999年に開催されたファンクラブイベント「GO!GO!スカンジナビア vol.2」で、配布されたオリジナルカセットテープに収録されています。

このライブに行ったファンしか入手することができないレア音源です!スピッツらしくアレンジしていて、その自然なカバーに驚くこと間違いなしです。こちらで、音源が聞けますよ♪

⇒NAVERまとめ幻のカバー!スピッツのI’m 

ウルフルズ「バンザイ」


FM802のラジオ番組で、ウルフルズの名曲を草野さんがカバーされていました。私はたまたまこの番組を聞いていて、興奮したことを覚えています!!これは、かなりレアなんじゃないでしょうか。

もしも聞いたことがなければ、YOUTUBEやニコニコ動画で音源があるかもなので、ぜひチェックしてみてください!若干、照れてる感じがまた良いのです。

浜田省吾「恋は魔法さ」


同じ事務所の先輩であった浜田省吾さんの曲に、メンバー全員でコーラスとして参加されています。カバーとは少し異なりますが、草野さんのコーラスって新鮮ではないでしょうか。

まとめ

スピッツまたは草野さんがカバーしている曲を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?ここで、今回挙げた曲を一覧にしておきたいと思います。

  • ニューエスト・モデル「爆弾じかけ」
  • 中島みゆき「わかれうた」
  • 原田真二「タイム・トラベル」
  • 初恋の嵐「初恋に捧ぐ」
  • はっぴいえんど「12月の雨の日」
  • 花*花「さよなら大好きな人」
  • 太田裕美「木綿のハンカチーフ」
  • 奥田民生「さすらい」
  • 松任谷由実「14番目の月」
  • 加藤登紀子&長谷川きよし「灰色の瞳」
  • Chappie(チャッピー)「水中メガネ」

※PUFFY「愛のしるし」、辺見えみり「流れ星」は草野さん作詞作曲なので省いています。

どの曲も原曲のイメージを損なうことなく、かつスピッツらしさを感じさせる曲たちです。女性の曲が多めなのも特徴的ですよね。草野さんの声や雰囲気が妙にマッチしています。

CD化されていない曲たちも、金爆・華原朋美などバラエティ豊かでいつか購入できるようになれば、嬉しいなと願っています。今後もライブでしか聞けないカバーがたくさん出てきそうですね。スピッツのカバーを聞いて、さらにスピッツの世界に浸っていただければ幸いです(*^_^*)

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。