「こんにちは」「こんにちわ」どっちが正しい?違いや語源・意味を解説

あなたは「こんにちは」「こんにちわ」どっちで書きますか?今は、メール・Line・Twitterなど文字で挨拶をする機会も多いですし、押さえておくと安心な豆知識です。語源や意味などから、なぜどちらの表記も使われるのかが見えてきます。ぜひ、ご覧になってみてください👓

スポンサーリンク

【結論】正しい表記は「こんにちは」

いきなりですが、まず初めに結論を申し上げます!書き言葉として正しいのは、

「こんにちは」

となります。特別な理由がなく単に挨拶をしたいのならば、「こんにちは」と書くのがよいです。

続いて、なぜ「こんにちは」が正解なのか、語源や意味などから詳しく見ていきます(^^)/

「こんにちは」の語源・由来は?

「こんにちは」という挨拶は、どのように生まれたのでしょう?元々は、次のようなひとつの文章だったと言われています。江戸時代の人々は、次のような挨拶をしていたそうです。

「今日(こんにち)は、お役目ご苦労さまです」

「今日(こんにち)は、良いお天気ですね」

など、「今日は○○ですね」と声をかけ挨拶をしていたのです。この文章が省略されて頭の部分だけを取り、今の「こんにちは」になったそうです。明治時代の教科書に「こんにちは」と掲載されていたことから、広まったという説があります。

とはいえ、「こんにちわ」と書く人も多く存在し、昭和61年 中曽根内閣時代に「現代語仮名遣い」が公示されています。

この「現代語仮名遣い」で、助詞を含む言葉について「わ」ではなく「は」を使用することが明記されています。引用したのがこちらです。

2 助詞の「は」は,「は」と書く。

例 今日は日曜です 山では雪が降りました

あるいは または もしくは

いずれは さては ついては ではさようなら とはいえ

惜しむらくは 恐らくは 願わくは

これはこれは こんにちは こんばんは

引用:文部科学省「現代仮名遣い」

最下段に、「これはこれは こんにちは こんばんは」としっかりと書かれています。「こんばんは」についても同様です。

「こんばんは」「こんばんわ」どっちが正しい?意味や語源・使い方についても

スポンサーリンク

「こんにちわ」が今も使われる理由とは?

今のところ「こんにちは」が正しい表記ではありあますが、「こんにちわ」を使用する方はたくさんおられます。「こんにちわ」に違和感を覚える人もけっこう多いですし、『こんにちわ』撲滅委員会なるものまで存在しますが、いっこうに「こんにちわ」が減る気配はありません。

なぜ、「こんにちわ」が根強く残るのでしょう?その理由を探ってみましょう。

  • 日本人が和の精神を重んじるから
  • 可愛らしい印象を与えられるから
  • 声に出した通り書くと「こんばん」だから

説①日本人が和の精神を大切にするから

「わ(和)」と書くことで、和の精神に通じて親しみやすいためという説があります。

協調性や調和を重んじ、古くは聖徳太子の一七条憲法にも”一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し”と書かれています。日本人と和の組み合わせ、説得力があるように感じますね。

説②可愛らしい感じが出るから

可愛らしい印象・親しみやすさを与えられるのも大きな理由と言えそうです。

いろんな「こんにちわ」が乱れ飛んでます(笑)「おはよう」との合わせ技だったり、語尾に一語足してみたり、本当に自由です。

あと、「こんにちゎ」という表記も多いですね。

などなど、「こんにちゎ」以外にも、いろいろ特徴的ですね👀

説③声に出したら「こんにちわ」だから説

たしかに、声に出した通り書くなら「こんにちわ」で間違いありません。だから、「こんにちは」という使用法をあまり見ることがなければ、「こんにちわ」が正解だと思うのでは?と想像します。

上で見てきたようにTwitterなどSNS上では「こんにちわ」「こんにちゎ」が溢れています。本やニュース記事などでは当然「こんにちは」が主流ですが、それを目にしなければ「こんにちわ」が正しいと認識することも有りそうな気がします。

まとめ

「こんにちは」「こんにちわ」について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。ここで、簡潔に内容をまとめておきたいと思います。

正しい表記は「こんにちは」

  • 「今晩は、○○ですね」が省略されて「こんばんは(今晩は)」になった
  • 文部科学省「現代語仮名遣い」に”助詞の「は」は,「は」と書く”と明記

「こんにちわ」が今も使われる理由

  • 日本人が和の精神を重んじるから
  • 可愛らしい印象を与えられるから
  • 声に出した通り書くと「こんばん」だから

以上のことから、基本的には「こんにちは」と書くのが良いでしょう。可愛い感じを出したいなどこだわりがある場合は、あえて「こんにちわ」と使ってみるのもありではないでしょうか。間違っても、テストやビジネスなどフォーマルな場所でうっかり「こんにちゎ」と表記しないようご注意を(*^_^*)

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。