小沢健二Mステ出演♪トーク内容まとめ|フジロック出演などサプライズ発表!


小沢健二さんが、19年ぶりにシングルを発売!ミュージックステーションに約20年ぶりに出演されましたね。新曲「流動体について」の内容はもちろんですが、オザケン大好きなタモリさんとのトークも気になるところ。今回は、二人がどんな会話をしたのかまとめています。興味深い話がたくさん出てきました☆ぜひ、チェックしてみてください♪

Mステで小沢健二(オザケン)が歌ったのはこの2曲♪

まずは、ミュージックステーションで小沢健二さんが披露した曲について。小沢さんだけ2曲歌いました!

  • 「流動体について」
  • 「僕らが旅に出る理由」

新曲の「流動体について」は、限定生産販売のため、早目の購入がおすすめです。過去に発売された小沢さんのシングルで、アルバムに入らずにシングルも廃盤になり、入手しにくかったことがありました。昔からのファンならそんな記憶がよぎり、余計に欲しくなってしまうところ。レビューを見ても、高評価が目立ちます☆

シングル「流動体について」は、4曲収録されています。

01. 流動体について
02. 神秘的
03. 流動体について instrumental
04. 神秘的 instrumental

そして、多くのアーティストにカバーされている「ぼくらが旅に出る理由」です。

Mステでのタモリと小沢健二のトーク内容

Mステでタモリさんとのトークで印象に残ったところをピックアップしてみました。サプライズ発表もありました!!

  • (タモリに)昨年、ライブに来ていただいてほんとにありがとうございます。
  • (今日歌う「僕らが旅に出る理由」「流動体について」は)対になっていて、イントロが長い曲とアウトロが長い曲。
  • 今年、フジロックフェスティバルに出演します!
  • 去年のツアーのアンコールみたいなのをやろうと思って。ブギ―バックとかもやりますんで。


なぜか、ぽろっとフジロックに出演することを暴露していた小沢さん。朝日新聞の全面広告と言い、嬉しい驚きを届けてくれます!これからの活躍に、期待をせざるを得ないでしょう!!

スポンサーリンク

小沢健二テレビ出演情報 2017年

ミュージックステーションに出たということは、他の番組にも出る可能性あるのでは?と思ったら、出演が決まっています!!

今のところわかっているのは、以下の2つです。

  • 日本テレビ系「NEWS ZERO」 2017年2月24日(金)23:30~24:30
  • 日本テレビ系「スッキリ!!」   2017年3月1日(水)8:00~10:25

ぜひ、チェックしてみてください👀

タモリがオザケンの歌詞を称賛したエピソード

だいぶ昔のことになりますが、「さよならなんて云えないよ」の歌詞を称賛したタモリさんのエピソードも有名ですよね。Mステで数々の歌手を生で見てきているタモリさんですが、ここまでストレートに誉めた方は、小沢さんくらいではないでしょうか。

タモリが称賛していたのは、こちらのフレーズです。

左へカーブを曲がると 光る海が見えてくる
僕は思う! この瞬間は続くと! いつまでも

このフレーズについて、タモリはこのように語っていました。

「俺が一番驚いたのは鹿児島で車でできた作品で『道を行くと、向こうに海が見えて、きれいな風景がある』。そこまでは普通の人は書くんだけれども。それが『永遠に続くと思う』というところがね、それ凄いよ」

「つまり”生命の最大の肯定”ですよね」

また、この発言を受けて小沢さんは次のように答えていました。

「ほんと、ありがとうございます。僕は何かね、聴いてて何ていうのかな・・・。たとえば、今お昼休みで、『笑っていいとも』で“ウキウキウォッチングしてる”ところと、“人生の秘密”、“生命の神秘”とか、“永遠”とか、そういうのがピュッとつながるような曲が書きたいんですよね」

また、最終回間際の笑っていいともテレフォンショッキングで、小沢さんが出演し数曲披露したのですが、タモリさんのにんまりとした顔。本当に、大好きなんだということが、ありありと伝わってきました。

まとめ

長らく新曲が発売されることがなかった小沢さんでしたが、「流動体について」が発売され、テレビ出演もあり、これから精力的に活動していくのではと期待してしまいます。昨年には、全国ツアー「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」も開催されたこともあり、何だか勢いを感じます。

全盛期のようなキラキラして王子様のような感じとは一転し、大人の魅力溢れる現在の小沢さんから目が離せません👀

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。