ブレイク間近!?お笑いコンビ 大自然の芸人からの評価まとめ|漫才がクセになる

「オールザッツ漫才2015」で、お笑い好きに一気に知られるようになった若手コンビ 大自然。関西の芸人達が多数出演するオールザッツですが、いつからか関東地方でも放送されるようになったので、この時の放送で知った方は多いはず。


さらに、2016年7月18日に行われた「第37回ABCお笑い新人グランプリ」で、2位!!と大健闘でした。これからネタ番組などで目にする機会が増えそうです。そんな大注目のコンビ 大自然について、プロフィールなど基本的なことから、芸人からの評価、そして特徴的すぎる漫才の中身について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

大自然のプロフィール

白井(ボケ)

生年月日:1987年 08月 14日生まれ

特技  :ブレイクダンス

芸歴  : NSC大阪 32期生
中張又張というコンビで活動
(2010~2013年)

里(ツッコミ)

生年月日:1987年8月21日

特技  :大塚明夫のモノマネ

芸歴  :2010年一般 32期扱い

ISHI_745IMG_4706_TP_V

大阪府生まれの白井伸大さんは、見た目からして明らかにボケであることを主張しています。喋り方や声質もザ・ボケという感じがして、何とも強烈な方です。以前、組んでいた中張又張(なかはりまたはり)は関西のお笑い好きには知られていたコンビでしたね。

沖縄県生まれの里龍之介さんは、一度聞くと覚える独特の低音の持ち主です。過去には別のコンビを組んでいたようですが、ちょっと情報がなくわかりませんでした。

👉吉本興業 公式のプロフィールはこちら

芸人からの評価

magnifier-389908_960_720

まず、千原ジュニアさんがラジオで、たぶん大自然はブレイクしそう、といったことを言っていました。千原ジュニアはオールザッツ漫才2015のMCだったので、若手ネタバトルのコーナーに出ていた大自然の短いネタを現場で見ています。もちろん、その場は大爆笑。その時の感想などをふまえつつ、絶賛していたのです。東京でいうところの、鬼越トマホークみたいとも言っていました。

ちなみに、オールザッツ漫才という番組は出演者である芸人たちが客席の後ろでネタを見ていて、ときどき反応が映し出されるのですが、芸人ウケもかなりのものでした。

そして、芸人による漫才の評価を見ていきましょう。ふつう芸人さんがネタに対する意見とかは言わないものですが、ABCお笑い新人グランプリの審査員が今をときめく実力派中堅芸人さんばかりで、その時披露した大自然の探偵ネタに対する審査コメントを引用してみました。

アンタッチャブル柴田さん

「『狸の変身はそういうんじゃない』は僕2年くらい笑い続けると思います」

ほっしゃん

「これ系って外すと最後まで外す間と雰囲気のネタなんですよ。それをこんだけつかむってのは、ちょっと怪物やと思います」

ザ・プラン9 お~い!久馬

「面白かったです、独特の間で。これにも最後に渚が出てきて『ずっと何してんねん』て言うてほしかったですね」

シャンプーハットこいで

「このネタを台本に起こすと訳わからんと思う。ただそれを間・声・雰囲気・演じる力で、たぶんこれ芸人しか笑わんようなネタが、こんだけお客さん笑うってとんでもないことです。これ一個の革命やと思います」

全員、大絶賛です!基本的に、審査員はどの芸人のネタも「面白かったです」といったニュアンスのコメントはしますが、大自然に対してはより誉め方・感想が具体的に感じました。ほっしゃんと小出水さんのコメントからもわかるように、やりようによってはスベる可能性もあるネタなんですが、この日の1本目の漫才は文句なしの大爆笑を取っていました。

スポンサーリンク

漫才の感想と台本書き起こし


(c) .foto project
さて、こいでさん曰く「台本に起こすと訳わからんと思う」という大自然の漫才をちょっと書き起こしてみました。ABCお笑いグランプリでされていた4分ネタではなく、オールザッツ漫才で披露していた1分ネタです。

里 :こんばんは、大自然です。お願いします。

白井:今日はおいしそうなお客さんが多いですね。そちらから、
         いただきます、いただきます、1人飛ばして、いただきます。

里 :生き残ったあなたは皆の分まで人生を楽しんでくださいね。
         今日は、AEDの使い方を教えるためにここに来ました。

白井:今日は、AEDの本体をするためにここに来ました。

里 :しんちゃんは、道で倒れてる人をやってくれたら、いいんだよ。

白井:ごめん

里 :あそこに人が倒れています。こういう時はいったん落ち着いて、
         意識レベルを確認しましょう。
         すいません!大丈夫ですか?

白井:大丈夫です~!

里 :大丈夫でした!何もなかった。それが一番いい。どうもありがとう
         ございました。

いや~、ツカミから独特ですね。台本にすると失われてしまうのが、ゆったりとした間とタイミング、いい声です。これがあるとないじゃ、面白さ・印象が大きく変わるのだな~と思います。結果、伝わりにくく訳がいまいちわからない・・・と思われる方も多いのではないでしょうか。

逆に、大自然のネタを実際に見てから台本を見ると、漫才師にはネタを考える能力はもちろん、言い方や演技力が大切なんだということを痛感することができるでしょう!

まとめ

ブレイクしそうな芸人、大自然について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。これだけたくさんの芸人さんが絶賛しているので、その実力は折り紙つき。私は、笑い飯さんを初めて見た時のようなインパクトを感じました。笑い飯さんも芸人さん評価が高かったですし、近いものを感じます。

今後、M1グランプリ、全国ネットのネタ番組、関西の新人賞レースなどテレビの露出が増えていくのは間違いなさそうですね。よしもと漫才劇場など大阪の劇場で行われるライブによく出演されているので、ぜひ生で見てみるのがおすすめです。独特の雰囲気がいちばん感じれるライブが一番です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。