映画 スキャナー のキャスト・あらすじ情報 2016年GW公開が楽しみ

2016年春公開の映画のなかでも、かなり期待
度が高いとはやくも注目をあつめている作品
スキャナー 記憶のカケラをよむ男』につい
て、キャスト・あらすじ・注目の理由など、気
になる情報について、紹介していきたいと思い
ます。

キャスト

【出演】
野村萬斎 宮迫博之
安田章大 杉咲 花・木村文乃・ちすん
梶原 善  福本愛菜 岩田さゆり 北島美香
峯村リエ 嶋田久作  風間杜夫 高畑淳子


出演者も豪華、野村萬斎さんと宮迫博之さんの
W主演、杉咲 花・木村文乃さんのWヒロインと
なっています!


野村萬斎さんは初の現代劇主演です。この方の映
画といえば「のぼうの城」「陰陽師」などの印象
が強いですので何だか新鮮ですよね。
また、関ジャニ∞の安田章大さんが刑事役に初挑
戦することもわかっています。話題性のある豪華
キャストになっていますね。

スキャナー あらすじ

物や場所に残った記憶や感情(残留思考)を読み
取る能力を持った仙石和彦。
かつてはこの力を活かして、お笑いコンビマイテ
ィーズとして人気を博すが、精神をすり減らして
しまい、コンビを解散。その後は、人目を避けた
生活をしていた。
また、元相方のマイティ丸山はピンで活動するも
まったく芽が出ず・・・


そんな時、秋山亜美という一人の女子高生丸山の
所属事務所・峠プロダクションにやってくる。
依頼内容は、マイティーズに行方不明のある女性
を見つけて欲しいというものだった。これを機に
もう一度マイティーズを売り出そうと考えた事務
所社長の命令で、丸山は秋山と千国に会いに行く
ように命令する。クビ寸前の丸山は、いやいやな
がらも仙石に会いに行く。


しかし、外の世界と関わるのを頑なに拒否する仙
石は「もう能力は失われた」と二人を帰してしま
う。
その後、1人で部屋の後片付けをしていると突然
、仙石の脳裏に見たこともないおそろしい映像が
浮かび上がった。
仙石・丸山コンビの新たな事件が始まるのだった。


映画の名前通り、記憶がテーマのストーリー。
あらすじからも、続きはどうなるのだろうとわく
わくさせてくれる作品ですね。
記憶を読み取るといった作品は過去にもあって、
「サイコメトラーエイジ」や京極夏彦の小説 百鬼
夜行シリーズの探偵 榎木津礼二郎などが思いうか
びます。記憶がテーマになっている作品はどれも
面白い印象が強いので、より期待が高まります。


また、物に記憶が宿るという考え方は、何だか日
本的な感じがして、野村萬斎さんのイメージとな
んとなく重なるものを感じます。
平安時代頃には、お椀や草履など古くから使い続
けているものが動き出すという付喪神の絵なんか
も多く描かれていますし。
宮迫さんもお笑い芸人役ということで、今の仕事
と重なっていますね。どんな感じの演技なのか楽
しみです。いつも映画やドラマは標準語で演じら
れていますが、今回はどうなるのでしょう。

スキャナーのおすすめポイント

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の期待度
が高い理由として、スタッフが豪華!ということ
も大きいと思います。


何と言っても、脚本が古沢良太さん。
数多くの作品を手掛けて起きており、ドラマでは
『デート』『リーガルハイ』『相棒』『ゴンゾウ』
など。映画では『ALWAYS 三丁目の夕日』『探偵は
BARにいる 』『寄生獣』『エイプリルフールズ』
など。
原作の脚色、オリジナル脚本ともにヒット作を多く
手掛けています。とくに、最近では月9『デート』
が記憶に残っている人も多いと思います。
今までの月9の常識をぶち壊す恋愛不適合者の男女
のぶっとんだドラマでしたからね。


スキャナーの公式HPに古沢良太さんのコメント
が載っていたので、一部引用します。

「相棒」→「ゴンゾウ」→「探偵はBARにいる」
と事件ものの面白さを学び、面白さを知りました。
それらの仕事を通じて学んだものの、自分なりの最
新型がこの作品です。現時点での集大成でもあると
思います。

とのこと。いや~これだけでちょっとドキドキして
しまいます。この映画については気になる情報がわ
かれば、また追記していきたいと思います!

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。