お盆玉(おぼんだま)の由来は郵便局!?金額の相場やポチ袋の豆知識まとめ

子ども お年玉お金

お年玉ならぬ「お盆玉」という新しい風習が広まりそうな予感です。名前からして意味が想像できますが、いわゆるお年玉のお盆バージョンです!
賛否のわかれそうなこの新しい文化「お盆玉」の由来や金額の相場、専用のポチ袋など気になる情報をまとめてみました。これを読めば、サクッとお盆玉のことがわかります。

スポンサーリンク

お盆玉はいつから?本当の由来

お盆玉の起源は古く、江戸時代にまでさかのぼります。江戸時代の山形県の商家では、主人が奉公人にお小遣いをあげる風習がありました。主に渡していたのは、下駄や衣服だったそうです。

丁稚奉公

時代を経て、昭和初期になると、子どもにお小遣いをあげる風習へと変わっていきました。これが、現代のお盆玉へとつながります。

そして、文具・紙製品メーカーのマルアイや郵便局が専用のポチ袋を販売し始め、全国的に広まってきています。

郵便局
ちなみに、郵便局は過去にこんなプレスリリースを出しているんです。

~お子様やお孫様へ夏におくる「お盆玉」はいかかですか~

広めようとしてますね~。このプレスリリースは2014年のものですが、全国津々浦々にある郵便局の影響力は大きく、年々広まってきているように思いますね。親として気になるのは、この文化がどこまで浸透するかではないでしょうか。

お盆玉の予算はいくら?金額の相場をチェック

money_fly_yen

おおよその相場は、お年玉よりすこし少なめくらいが適当です。年齢別に目安金額をざっくりまとめたものがこちらです。

小学生  1,000円〜3,000円程度
中学生  3,000円〜5,000円程度
高校生  5,000円〜10,000円程度

※未就学児の場合は、あげても1,000円まで、またお金ではなくお菓子やおもちゃなどでも良いかと思います。

お盆玉の専用ポチ袋 おすすめ厳選!

おぼんだま用のポチ袋はたくさん販売されているのですが、特にデザインがかわいいなと思う夏柄のポチ袋を厳選しました♪

夏っぽいデザインと一言コメントがいいですよね。すべて、楽天やアマゾンなどで販売されているものです。(画像をクリックすると、楽天市場へとびます)
もちろん、郵便局などでもポチ袋は販売していますが、個人的にはこっちのデザインのほうが素敵かなと思います。

お盆玉について思うこと

お盆玉(おぼんだま)は、子ども目線で考えると嬉しいことですが、大人目線で考えると、正直嬉しくはありません。
お年玉と同じで、地味ながら出費になるんですよね・・・。親戚一同みんな子どもがいるのなら、自分の子に頂いたた分、相手の子どもさんにお返しするなんてことができますが、こちらに子どもがいなかった場合は、けっこう辛いですよね。

高齢者は比較的お金を持っていて、「お盆玉の出費なんて余裕じゃ」というケースも多いかと思うのですが、今の親世代は家計が厳しい家はなかなかのものです。「郵便局め、余計なことを~」と思ってる方も多いはず。
でも、どうして郵便局がお盆玉を広めるの?と、ちょっと変な気がします。理由を調べてみたら、「手紙や贈り物と同様、人の人をつなぐきっかけになるから」なんだそうです。

なるほど、人と人とのつながりね♪

ちょっと納得しそうになりました。でも、たしかにそうかもしれませんが、単なるお金のやり取りとも言えますよね。
また、ただでさえ親戚関係など人間関係が薄れていきやすい時代です。出費がかさむことがいやで、お盆に帰省すること自体をやめてしまう若い夫婦が増えないか、少し心配なところです。
思うことは多々ありますが、びっくりするくらい暗くなったのでここで中断。新しい夏の風習「お盆玉」は浸透していくのか、気になるところです。

まとめ

お盆玉(おぼんだま)について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?賛否両論ありますが、今後広まっていきそうな感じがしますよね。はやめに知って、準備しておくのが大切です。ここで今回の内容を簡単にふりかえっておきたいと思います。

由来

江戸時代の山形で、主人が奉公人にお小遣いをあげていたこと
2014年、郵便局がお盆玉袋を発売し、全国的に広まりだした

予算の目安

小学生  1,000円〜3,000円程度
中学生  3,000円〜5,000円程度
高校生  5,000円〜10,000円程度

お年玉よりやや少ないくらいが相場です。

専用のポチ袋

かわいいデザインのものがたくさん発売中!
以上となります。新しい文化にもばっちり適応して、充実のお盆ライフを満喫して行きましょう♪

kanren01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ad3
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。